運・動

秋晴れの中、順天堂整形外科同門会ゴルフコンペに参加してきました。三浦半島の葉山の丘にある葉山国際カンツリー倶楽部http://www.hayama-kokusai-cc.com/はとても風光明媚な所で、プレーの途中、横浜、東京湾、スカイツリーから富士山、湘南の海を見渡せ心が和みます。コースは丘の上に作られただけあってアップダウンが多く、ある程度の体力を要し特に膝周りが丈夫でないと大変です。私の場合、幸いいつもウォーキングしているおかげで乗り越えることができ、常日頃の運動が大切であることを感じました。

運動と整形外科といえば最近ではロコモティブシンドローム(通称 ロコモ)というものがあります。ロコモは英語で運動のという意味ですが、内科分野で流行ったメタボに対して東大の整形外科の先生が名付けた言葉です。体を動かすために必要な骨、関節、筋肉、神経など運動器の機能が衰え、動けないリスクが高まってきた状態から要介護になった状態までを含みます。現在の日本では40歳以上のロコモ人口は約4700万人と推定され、高齢者に至っては要支援、要介護の原因の3割が転倒による骨折や関節の病気などで脳卒中に次ぐ多さです。ロコモも原因は1.運動不足による筋力低下、2.関節や椎間板の変性、3.骨の脆弱化、4.神経の機能低下などです。老化現象だから仕方がないと放っておくと予防に気を使っている人に比べ早期に歩行困難、寝たきり状態になり、認知症が併発する恐れがあります。膝が痛い、つまずきやすくなったなどの症状があればロコモになりかけているかもしれません。多くは50歳代に顕在化してくるので、その手前の30代後半から40代に予防に力を入れたいものです。筋肉、骨、関節など運動器は良い使い方をするときちんと要求に答えようとする性質があるので、基本的には適度な運動を継続して行うことが大切です。ただ、この適度なとか、継続ということが思っている以上に難しいと思います。私は毎朝2~30分ほどのウォーキングを取り入れていますが、時々サボるようにすることで継続できています。自分を追い込むような激しい運動は、逆にストレスになり、活性酸素をたくさん発生させることにもなるので、長続きすることもなく反対にマイナスの効果をもたらすので中高年にはあまりお勧めはできません。いかに運動を通してリラックスできるかがキーになると考えています。今は様々な運動があるのでいろいろトライして自分に合った運動を一つ見つけることも大事なポイントです。

コンペの最後に同門会長が良いことを教えてくれました。“運動は運を動かすものだよ”と

運動を行うことで健康になり人生を楽しむ機会が広がる可能性を再認識した言葉でした。