しょうがと漢方

毎日厳しい寒さが続く中、私は最近お気に入りの温かい生姜チャイを毎朝飲んで凌いでいます。ほんのり甘く少しピリっとくる生姜の風味はチャイとうまく融和して体を温めてくれます。

一般的な薬では体を温めることはできませんが、ちょっとした食品が体を温められるのは当たり前のようですが結構な効果だと思います。たいした副作用もありません。

しょうがは現在とても流行りですが、漢方において本来手を加えていないものを生姜(しょうきょう)といい、乾燥させた物を乾姜(かんきょう)と呼びます。ただ、現在の日本漢方において生姜(しょうきょう)は生薬としては根を乾燥させたものを使います。かぜの初期症状の治療に使われ、体を温める効果があります。発汗を促し、血液の循環もよくなるので、胃腸の機能低下防止などに使われることもあります。また、鎮咳作用、去痰作用があるので、かぜ薬の成分として用いられています。

表面の皮を取り去り、蒸して乾燥させたものは乾姜(かんきょう)と呼ばれ、興奮作用・強壮作用・健胃作用があるとされています。漢方の処方では「生姜」を入れる処方と「乾姜」を入れる処方があります。一つの考え方として「生姜」は浅いところを温め、「乾姜」は深いところを温めるといわれています。そのため、かぜの初期はかぜがまだ体の浅いところにとどまっていると考え、生姜の入った葛根湯を用います。虚弱で手足が冷えている人の胃腸症状に用いる人参湯がありますが、これはからだの深いところの内臓が冷えている状態と考え、乾姜を使います。

しょうがには辛み成分であるショウガオール、ジンゲロールなどが含まれており、これらが血行を促進して体を温める働きがあるほか、新陳代謝を活発にし、発汗作用を高める働きをします。香り成分のシネオールは、疲労回復、食欲増進、健胃、解毒、消炎作用があります。また、この辛みと香り成分には抗酸化作用があり、老化を防ぎ、がんの発生・進行を防ぐ効果もあるといわれています。

とても体に良いしょうがは沢山の種類の漢方に用いられており、ありがたいかぎりです。しかし、顆粒状のエキス剤を作る過程でショウガオールなど揮発性のあるものは失われることがあります。そこでエキス剤を服用する際は小指大にすりおろしたしょうがを混ぜることで効果をさらに引き出せるのでおすすめです。

この季節しょうがを利用し元気な体にしましょう。