冷え性と漢方

なんとなくだるい、頭が痛く、めまいがして、おなかの調子も悪いなど不定愁訴といわれている症状の陰に体の冷えが隠れている場合があります。

このような症状を病院で相談し、甲状腺をはじめ内臓の検査をして大した異常が認められない時、病気とは見なされず、とりあえずの薬と“様子を見ましょう”という言葉を御土産に病院をあとにされている方々が多いように思います。

 

そういった場合の次の手段として漢方が役に立ちます。

 

漢方からみた冷えを症状から考えてみますと大きく3つに分けられます。

手足が主に冷える四肢末端型、体全体が冷える全身型、上半身が暑いが下半身が冷える上熱下寒型があります。

原因として四肢末端型は血液の流れが滞り(瘀血:おけつ)体の隅々まで血が巡らないことで、全身型は体で熱産生ができないこと、上熱下寒型(冷えのぼせ)は気が上半身に昇って下半身に巡らないためと考えられています。

 

また、漢方独特の概念である気、血、水から冷えをとらえることも大切です。

気とは生体のエネルギーの総称、血は血液とその働き、水はリンパ液や汗、尿など血液以外の体内の水分を表します。

これら気、血、水がおのおの過不足なく存在して調和し、滞りなく循環していることを健康な状態とされていますが、この3つのバランスが崩れるとさまざまな病気につながります。

気そのものが不足した状態を「気虚」、気の流れが滞った状態を「気滞」、気の流れが逆流した状態を「気逆」といいます。また、血が不足した状態は「血虚」、血が滞った状態を「瘀血」、水が滞った状態を「水毒」といいます。

 

手足が主に冷える四肢末端型は「血虚」や「瘀血」の状態で補血剤(四物湯)や駆瘀血剤(桂枝茯苓丸)がいい適応です。

また、新陳代謝の低下している全身型は「気虚」、「腎虚(腎に気が足りなくなっている)」の状態で補気剤(人参湯、補中益気湯)や補腎剤(八味地黄丸)が適応です。

上熱下寒型は「気逆」や「気滞」の状態で気を巡らせる加味逍遥散や香蘇散を用います。

3つに分けた冷えのタイプとは別に体に水分が溜まり「水毒」から冷えが生じるものがあり、利水剤(五苓散、当帰芍薬散)を用います。

 

漢方薬の処方において、冷えに伴う疲労、精神症状、消化器症状などの周辺症状がある場合は、冷えの治療より周辺症状を改善する漢方治療を優先する方がかえって冷えを治しやすいこともあります。また、当院のように温熱治療に漢方を組み合わせることで早く冷えを改善させることもできます。

そして、規則正しい食生活となるべく温かいものを食し、なるべく旬のものを丸ごと食べる食の選択で養生することが基本となります。

この基本を大切にし、漢方をうまく取り入れて冷え性から解放されましょう。