抵抗力にはホルミシスが大切

抵抗力という言葉を調べてみると、“病気や病原体、環境の悪化などに耐え、健康を保ちつづける力” と出てきます。

医学的に抵抗力はこれですとは言えませんが、私自身は細胞が外の刺激からダメージを受けた際に自ら修復する能力と考えています。
それは細胞の中に備わっているヒートショックプロテインをはじめ、修復にはさまざまな分子が働き、作用し合っており、とても複雑な反応です。
この能力を何らかの形で高めたいと多くの方々は自然に思うでしょう。

数年前、自らの病気でご苦労された安倍総理も今では大変元気そうでありますが、陰ではその健康を保つために大変な努力をしているようです。
3月28日号の週刊新潮に安倍総理がラドン吸入器を公邸に持ち込み使用しているという記事が出ていました。
それによると総理夫人が東京女子医大の自然療法の第一人者である川嶋先生と出会い使用を決めたようです。
この記事を初めて目にしたとき総理夫人はとてもいいところにアプローチしていると感じました。
機械はラドンが水分と付着しやすい性質を利用し、水道水からラドン水を生成した後、霧状のラドンガスを発生させるもので、価格は200万円以上ととても高価です。
発生したラドンガスの濃度は1万7000ベクレル/㎥で、1回10分の吸入を1日数回行います。
10分間の被ばく量は0.014ミリシーベルトで胸部レントゲン1枚当たり0.06ミリシーベルトに比べても低くなっています。

低い量とはいえ安倍総理自身が放射性物質を体内に入れていると心配される方もいると思いますが、これにはホルミシス効果という考え方がベースにあり、低濃度の放射線が、細胞を傷つけるデメリットより細胞を活性化させるメリットが上回る理論を取り入れており、特に心配はないようです。
ホルミシスはギリシア語のhormaein= 活性化させる、興奮させる、を語源としています。放射線が大量では毒になるものが、低量の場合、抗酸化能を高めて体に良く働くことから、まるでホルモンのようだと表現されたことがホルミシスの始まりと言われています。

私達、ヒトは太古より放射線にさらされ、生き抜いてきました。つまり放射線で遺伝子が傷ついても細胞がそのキズを修復する能力を持っているということです。
私達の身の回りには宇宙からの放射線、大気や鉱物また食物からの自然放射線があり、誰でも毎日被ばくしており、年間平均2.4ミリシーベルトの被ばくをしています。
食べ物や飲み物で内部被ばくもしており、成人男性の体内には約4000ベクレルの放射性カリウムが常時存在しています。
放射線の影響で一番怖いのは発がんですが、東大病院放射線科の中川先生によると、広島、長崎の被爆者を長年調査した結果、100~150ミリシーベルトを超えると、放射線を受けた集団の発がん率が高まるが、別の角度から考えると100ミリシーベルト以下では発がん率が上昇するという証拠がないと述べています。
また100ミリシーベルトの放射線を受けた場合、放射線によるがんが原因で死亡するリスクは多くても0.5%と考えられています。
現在の日本では2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで亡くなっていますが、死亡率としては33.3%です。
100ミリシーベルトを受けると0.5%上昇するので33.8%の死亡率となり、これは大した上昇でないことがわかります。

放射線は有り無しが問題ではなく、強さや量が問題です。もはや私達は放射線から逃れることはできず、上手に付き合ってゆくことが大切です。
そういった意味からして、安倍総理は賢い選択をされたと思います。

安倍総理が放射線ホルミシスにより身体的に抵抗力をつけられたように、日本も強い抵抗力を持ち発展していってほしいと思います。