奥村康先生のおもしろい免疫のお話

今日は大学卒業以来、25年ぶりでしょうか、免疫学の奥村康先生の講義を聴きました。奥村先生は免疫学の中でも Tリンパ球の研究では大変有名で、最近ではR-1ヨーグルトを食べるとインフルエンザにならないことを研究し、多くの方の食行動を変えた先生でもあります。

なにより学生時は必ず笑いをとる授業で、皆から人気があり、私は世間話など免疫とは関係のない話を今でも覚えています。独特の風貌と語り口が懐かしく、今回の講義を数か月前より楽しみにしておりました。

今朝、急な看取りがあったため少し遅刻をしましたが、席に着くとすぐに奥村ワールドに引き込まれてゆきました。以前と変わらない口調で、“世間ばなし風免疫学”とでもいいましょうか、いくつものショートストーリーをテンポよくお話しされ、所々で笑いがおこっていました。あーこの感じ、昔と一緒だと、感激しつつ聞き入りました。

そのなかのいくつかをご紹介しますと

2010年に九州地方で家畜の伝染病である口蹄疫が牛や豚に広がり問題となりました。口蹄疫は非常に伝染力が強く、口や鼻、ひずめの付け根に水泡ができるのが特徴で、この水泡が破れて傷になると、食欲が低下し元気が無くなり弱って死に至る病気です。

これはポリオの親戚のピコルナウイルスによる感染症で、今回は中国から輸入した藁にこのウイルスが付いていたことが原因だったようです。

この藁を加熱処理した鹿児島県では口蹄疫が発症せず、加熱処理しなかった宮崎県で多く発症しました。当時の有名だった知事が奮闘されていた様子は多くの方の記憶に残っていることと思います。

しかし、なかなか収束せず拡大しそうな時に、満を持して奥村先生は当時の政府関係者にすぐにワクチンを使用するよう連絡したそうです。すると翌日には接種がはじまり、その後2週ほどで収束に向かいました。

私は当時これが日本全国に広がったら、国産牛が食べられなくなってしまうと心配していましたが、いつのまにか沈静化し安堵したことを覚えています。この裏には奥村先生の活躍があったわけです。

つづいて、

結核は日本では年間2万人発症し、世界で中蔓延国とされています。その予防にBCGワクチンというものがあります。通常1歳ごろまでに打ち10から15年ほどの効果を期待し結核の発症を5~7割抑えるといわれています。

しかし、奥村先生の意見としてはBCGで作られた抗体は体の大きな結核菌には効果がないようです。ただ厚生省として続けなければならない特別な事情があることと、そして東南アジアなどの蔓延している国で若い人と接触すると結核に感染する可能性がぐっと高まるので、十分に注意をすることなどを教えていただきました。

また、

春が近づくと悩まされる花粉症ですが、千葉駅近くの刑務所にいる受刑者を調べたところ花粉症にならないようです。ここの受刑者はほぼ重い刑ですが、非常にインテリジェンスが高く、いつも緊張を強いられていることが、花粉症のメカニズムに関係しているらしいのです。

発症にはヒスタミンが関与しますが、緊張により作り出されるアドレナリンがこのヒスタミンをブロックするため、発症が抑えられ、逆にゆったりとした幸せな人はアドレナリンが少ないため花粉症になりやすいとお話していました。

そして、友達としておつきあいするなら花粉症の人がおすすめとも付け加えていました。

アレルギー関係のアトピー性皮膚炎において、モンゴルの都市部以外に居住している人にはアトピー性皮膚炎がないことを例にあげ、風呂にあまり入らないことが理由の一つであることを述べていました。

また日本においては赤ちゃんの時の石鹸の使用が問題で、親が子供をばい菌から守ろうとするあまり、ごしごしと皮膚をこすり皮脂を取ってしまうと、薄くなった皮膚からダニやカビなどの抗原が侵入し、体内での防御が続きアトピーへと発展してしまうので、皮膚を清潔にしすぎないことが、アトピー性皮膚炎の予防には大切であるようです。

あまり自然に逆らわない方が良いですね。

ヒトには60兆個の細胞があり、毎日1兆個が生まれてきますが、そのなかで約5千個のがん細胞も生まれます。それを見張り退治するのがリンパ球の2割を占めるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)です。

NK細胞はがん以外にウイルスや細菌が体内に侵入した時にこれらを殺して人間を守ります。1970年代前半にNIHに留学した山形大学の仙道富士郎がT細胞でもB細胞でもないがんを殺す細胞を偶然発見し奥村先生に伝えましたが、当初奥村先生はそんなはずはないと信じませんでした。

ところが、仙道先生と検討していくうちに、この細胞が、がん細胞と出会うと通常の免疫反応とは違った形で、がん細胞を自然に死に至らしめる様子が見られたことから、名前としてナチュラルキラー細胞が良いのではないかと提案したそうです。

つまり奥村先生もNK細胞の発見者の一人なのです。

NK細胞がある特定のがん細胞を殺す割合を測定したものをNK活性といい、活性が高いほど免疫力が高いといえます。

実際にNK細胞がないマウスとNK細胞があるマウスでがん細胞の増殖を調べたところ、NK細胞のないマウスでは圧倒的にがんが大きくなった実験結果も見せていただき、NK細胞の重要性をあらためて認識いたしました。

また奥村先生は年齢的にNK活性は下がっていくのはしょうがないが、より下げるものとして、ストレス、長距離の運転、メンタル的な不安、激しい運動を挙げていました。

また、運動中はNK活性は上がりますが、激しい運動後のNK活性の落ち込みが著しいので注意するよう言っていました。

そしてNK活性を上げるには、良く笑うこと、ウォーキング、ビタミンCや乳酸菌を多く摂ることが大切であることを教えていただきました。

今回は、免疫学では世界のトップレベルの先生のお話だったので、私自身、とてもためになりましたし、このたびのお話を診療の中で多くの方々にお伝えしていきたい気持ちになりました。

あらためて奥村先生に感謝です。

出典:Joshua Stokes, St Jude Children’s Research Hospital