琉球温熱で深部体温を上げよう

知り合いのドクターから琉球温熱で体の表面を温めているが、実際に体内の内臓近くの温度を上げているのか質問されました。つまり深部体温が実際に上がるものなのかということです。

体温には寒い、熱いなど外気の影響を受けやすい体表面温(皮膚温)と環境の影響を受けにくい体内部の深部体温(核心温)があります。

深部体温は37℃前後で体表面温より約1度高いとされています。これは体が正常に機能する上で最も適した温度であることを示しており、熱産生と熱放散によりうまく調整されています。

熱産生は主に骨格筋や褐色脂肪組織で行われ、熱放散は汗腺からの発汗や皮膚や口からの蒸散と末梢血管拡張による放熱で行われます。

近年この調節がうまく行かないためか、皮膚温が35度台の低体温の人が増えています。

実際、当院に来られるうつやがんの方のほとんどが低体温です。

この場合、一つにはストレスが原因で自律神経の乱れが起こっていると考えています。ストレスに対する体温の調節に大切なものは自律神経のバランスとホルモンのバランスと言われています。

自律神経には交感神経と副交感神経があり血管の収縮、拡張を調整しており、このバランスが崩れると血液の流れが悪くなり、低体温となります。

また副腎で作られて抗ストレスホルモンであるコルチゾールなどのホルモンバランスが崩れると細胞ダメージの回復ができず、細胞自体のエネルギーが低下し、低体温となります。

低体温は様々な病気を引き起こします。

低体温には血流障害、交感神経の緊張や副腎の疲労が関わり、また体の酸化を防ぐ抗酸化酵素の低下をもたらします。

その結果、便秘や歯周病、花粉症など軽度のものから糖尿病、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、骨粗しょう症、パーキンソン病、認知症、喘息、アトピーなどの病気に罹りやすくなります。

また、体温が一度下がると免疫力は30%下がるといわれ、そのため35度台で活発化するがん細胞をさらに元気づけてしまいます。

したがって私達は低体温にならないように体温を上げる努力をしなければなりません。

体温が上がると血流がよくなります。

血流がよくなるとダメージを受けていた細胞に栄養素が行き渡り、滞っていた老廃物が洗い流されます。そして、37℃付近になると酵素活性が上昇しそれぞれの細胞がエネルギーを効率的に作り出すことができるようになります。

エネルギー産生が高まると内臓脂肪の消費が進みメタボからの脱出が可能になります。

メタボは糖尿病や心臓病など生命にかかわる重大な疾患の原因なので、これらから遠ざかることで寿命が大きく伸びることにつながるでしょう。

また、がんが生育しにくい環境になり、同時に免疫力も上がると言われています。

一つに2014年小林らの体温の上昇と免疫応答の調節についての研究があります。

ボランティアを全身温熱療法装置で(直腸温38.5℃以上で60分)加温し、加温前と加温後に採血しT細胞の働きを調べました。

加温後にインターフェロンγ(IFN-γ)およびインターロイキン-2などのサイトカインの顕著な増加が見られたこととT細胞の膜流動性の変化で応答性が増加した結果が得られ、熱刺激により免疫力が向上したことが示されました。

このように深部体温を確実に上げれば、体の免疫は確実に反応してくれます。と言いたいところですが、ここで一つ問題がでてきました。

実は直腸温は日本と違って欧米では深部体温と認められていないのです。

AORN(米国周術期看護師協会)によると脇の下、口の中、膀胱、直腸、側頭動脈は深部体温測定に適さない部位とされ、適する部位としては鼓膜、下部食道、鼻咽頭、肺動脈で、この中で最も正確なものは肺動脈とされています。

ただ温度測定のために肺動脈にアプローチすることは侵襲が大きく常識的ではありません。

そこで考え出された方法が熱流補償式体温測定原理に基づく加温センサーによる測定で、肺動脈温と高く相関した結果が得られます。

これは医療材料大手の3M社が開発した深部体温モニタリングシステムで、前額部にセンサーを貼付するだけで簡単に肺動脈温に近似した深部体温が測定できます。

当院にて琉球温熱施療前後で測定してみたところ全例で深部体温の上昇が確認されました。

脇の下の皮膚温も同時に測定しましたが、皮膚温の平均上昇温度は0.22℃で、深部体温のそれは0.76℃でした。

また今年から琉球温熱を取り入れた白金の石原内科クリニックでも同様の方法で測定したところ、表面体温以上の深部体温の上昇が確認されました。

よって琉球温熱療法は深部体温を上昇させる一つの方法であるといえます。

病状改善には一時的な深部体温の上昇だけでは不十分で、恒久的な上昇が必要です。

そのために琉球温熱を継続したり、家で毎日湯船に42℃で10分、41℃で15分、40℃で20分を目安にして入ることが大切です。

私の体温は35度台ですと堂々と言っておられる方は要注意です。

低体温から早く脱出して健康な体を取り戻しましょう。