レスベラトロールの次は サルベストロールが来る!

このたびの点滴療法研究会の特別セミナーにおいて、サルベストロール(Salvestrol)というとても興味深いサプリメントに出会いました。

研究会の代表である柳澤先生がわざわざニュージーランドから生産者を呼び寄せてこれを紹介するなど、結構な力の入れようで、話の内容から私はこれからのがん治療に大いに役に立つ一品かもしれないと感じました。

サルベストロールは果物や野菜が真菌感染した際に自らを防御するために生成されるファイトアレキシンの一つです。ファイトアレキシンとは植物がストレスに応答して合成する抗菌性の物質のことで、メントールなどのテルペン類やモルヒネなどのアルカロイドがあり、また少し前にアンチエイジングで話題になったレスベラトロールも仲間です。

このサプリが作られる最初のきっかけはCYP1B1(シップワンビーワン)の研究にあります。CYP1B1は薬などを肝臓で解毒する際に働く酵素であるCYP450ファミリーの一つです。CYPは体内のさまざまな反応に関与しており、数種類あります。薬局で薬を処方される際によく注意書きされる薬とグレープフルーツの相性には小腸上皮のCYP3A4の働きが関係しています。

ただCYP1B1に限っては他のCYPと違って、正常細胞にはほとんど発現せず、がん細胞に特異的に発現することを1997年アバディーン大学のダン・バーク博士が発見したのです。(Murray et al. Cancer Res.1997;57:3026-31) その後ボストンのダナ・ファーバー癌研究所において1997年以降の32編の論文を調べたところ、ほとんどすべてのがん細胞にCYP1B1が発現することが確認され、CYP1B1は正常細胞とがん細胞を見分ける酵素として確立されました。

2002年にはダン・バーク博士の共同研究者であるゲリー・ポッター博士はレスベラトロールががん細胞内でCYP1B1によりピセアンタノールという物質に変わることを発見しました。このピセアンタノールには強力なチロシンキナーゼ阻害活性があり、がんをアポトーシス(細胞死)に導いて抗がん作用を発揮します。(Potter et al.Br J Cancer. 2002 Mar 4;86(5):774-8)

つまりレスベラトロールは正常細胞には悪さをせず、がん細胞に取り込まれるとCYP1B1により抗がん物質になり、がん細胞だけを攻撃するということです。

これを元にどういった天然物質が最も効果的かを探っていくうちに真菌防御で植物に生成されるサルベストロールに行き着いたのです。

実際にサルベストロールはリンゴ、クランベリー、ブドウなどの果物、アボカド、ニンニク、オリーブなどの野菜またバジル、ミルクシスル、ミントなどのハーブに含まれていますが、農薬散布により真菌がいなくなり、その刺激が減少しサルベストロールを生成しなくなるようです。

よって現代人のサルベストロールの摂取量は50年前の20%ほどに減少しているといわれています。

一方、無農薬の果物や野菜には30倍のサルベストロールが含まれるので、オーガニック農法でないとサルベストロールを取り入れることができません。

つまり農薬に頼りきっている私たちにとって、病気にならないためにいかにオーガニックが大切かがわかります。

しかし、サルベストロールの研究は浅く基礎研究の論文はあるものの臨床論文は未だ少ない状況です。その中でもニューヨークのシャクターセンターでは300人のがん患者さんにサルベストロールを投与したところ副作用もなく、特に肺がん、悪性リンパ腫や乳がんに対して効果があったようです。

また中国の南方医科大学でもDr.ZhaoとDr.Wangが中心となり臨床試験が始まっています。

一方、ドイツをはじめヨーロッパではすでに普及しているので臨床結果を待ちたいと思います。

サルベストロールはがん細胞がもっている酵素を逆手にとってがん細胞自身を死に至らしめる可能性のあるサプリメントで、がん予防だけでなく、今後の新たながん治療の選択肢の一つとして大いに期待できます。

また高濃度ビタミンCもがん選択的に働くので、サルベストロールとの併用療法も期待できます。

当院では1月より取り扱う予定でいます。

出典:ナリナリドットコム

がんと闘うサプリメントと 機能性食品

がんにおける機能性サプリメントは数多く存在し、何が本当に良いのか迷ってしまいます。

さらに今年4月から機能性食品の表示方法が変ったことにより、どれもこれも体にいいことばかり書かれているので、さらにわからなくなってしまいます。

当院に来られる患者さんには初めにどのようなサプリを飲んでいるかを問診票に書いていただくのですが、必ずと言っていいほど何らかのサプリメントを飲んでおり、その中でもキノコ類、フコイダンが多いようです。

がんに対しては、慢性炎症を抑える、がんのアポトーシスを誘導すること、免疫力を上げることが大切で、これらの効果を持っている機能性サプリメントが必要です。

もちろんタンパク質の摂取、ビタミンB群、C、D、ヘム鉄、亜鉛などのベーシックなサプリはがんに対峙する強い体つくりには欠かせません。そして、がんは嫌気性解糖を行っているので、低酸素症の人、貧血状態が好きなので、貧血予防が特に大切です。

まずはベーシックなサプリで必要とされる栄養素を十分に摂った上で機能性サプリを加えていくやり方が、正しいと私は考えます。

フコイダンはワカメ、昆布、もずくなどの表面にあるヌメリ成分に多く含まれる多糖類です。抗腫瘍作用、免疫活性作用、インフルエンザ感染予防、血栓抑制、育毛作用の機能性は確認されています。フコイダンに含まれる硫酸基がカギを握っており、これが多く含まれる高分子のフコイダンが、低分子より抗腫瘍効果があるようです。基礎研究ではインターフェロンγの産生を促進しNK細胞を活性化したり、マクロファージに作用してIL12やTNFαの産生を誘導すること等の他に、腸のパイエル板からのインターフェロンγの産生を誘導することも分かってきました。特に副作用もなく安全性も十分確認されています。

フコイダンにはG,F,Uの3種類があり、その中のU-フコイダンは、がんのアポトーシスを誘導する働きがあることが最近分かってきて、その機能性に期待が持てます。函館近辺でとれる“がごめ昆布”にはフコイダンが多く含まれており、味が良いので私自身、がごめとろろ昆布を取り寄せて、いつもみそ汁に入れて食べています。

キノコ類は菌糸体から分離されるβグルカンという多糖体が機能性の元となります。中でもアガリクスはβグルカンを多く含むヒメマツタケを使っており、人気があります。ただ、平成18年にキリンウエルフーズが販売していた(今は販売していない)アガリクス顆粒が発がんを促進する作用があるとして問題になったことがあり、良い印象を持たない人も少なからずいるでしょう。

βグルカンは、分子量が大きいため小腸粘膜では吸収されず、小腸内の免疫組織であるパイエル板のM細胞を介して吸収されます。続いてパイエル板にいるマクロファージはそれらを貪食しIL12やインターフェロンγなどのサイトカインを作り出し、結果NK細胞を活性化させて抗がん作用を発揮します。

1985年池川らは10種類のキノコの熱水抽出物の抗がん作用を調べた結果、エノキタケとブナシメジに非常に高いがん増殖阻止力があることを見つけました。それぞれ動物実験をした結果、抗がん作用が認められ、その後両者を組み合わせたEEMという食品ができました。今度はEEMをがん患者さんに用いたところ特に副作用もなく、延命とQOLの改善がみられたようです。また長野県の疫学調査でエノキタケ生産農家のがん死亡率は、長野県全体の死亡率より4割低い結果がでており、EEMに期待が持てます。

クルクミン

ショウガ科の植物であるウコンに含まれるクルクミンは、ターメリックという香辛料としてカレーに使われ、私たちに大変なじみのあるものです。

ポリフェノールの一種で抗酸化作用があります。

二日酔いに効く健康飲料のウコンの力のCMを良く目にしますが、クルクミンを前面に押し出した健康食品の宣伝は少ないようです。当院で取り扱っているドクター向けサプリメントの会社もクルクミンサプリはなく、なかなか認知度が高まらないためか、積極的にウコン、クルクミンをとっている患者さんにはあまりお目にかかりません。ただクルクミンには抗がん作用があることが分かってきて研究も進んでいます。

クルクミンの大事な働きの一つに抗炎症があります。慢性炎症は発がんを促進すると同時に、樹状細胞やキラーT細胞の活性を弱め、免疫抑制系のT細胞の活性を高めてがんに対する免疫力を低下させます。クルクミンはこの慢性炎症を抑え免疫力を高めます。また多くのがん細胞は、NF-kβという転写因子が活性化されアポトーシスが起こりにくくなっております。クルクミンはこの転写因子の活性を阻害し、アポトーシスを促すことで腫瘍縮小効果を示すことが報告されております。さらにイレッサやFOLFOXなどの抗がん剤の効果を高める働きがあることも報告されており、今後が期待できるサプリメントです。がんとは関係ありませんが、クルクミンには脳におけるβアミロイドの蓄積を抑制し、アミロイド斑を減少させる働きもあり、アルツハイマー型認知症対策に使えそうです。

いずれの機能性食品も経口摂取して腸に運ばれて作用するものであり、その現場である腸の環境の良し悪しが、その機能性を十分発揮できるかどうかに関係しています。

そこで乳酸菌 ビフィズス菌などのプロバイオティクスの状態が重要になります。

プロバイオティクスは腸管関連リンパ組織(GALT)に働きかけ腸管免疫を高めるので、幾種類のヨーグルトを摂ったりプロバイオティクスのサプリメントを用いることも必要です。

多くのサプリが出ていますが、私が現時点でおすすめできるものを書きました。

これらの機能性食品を上手に使い、がん予防やがん治療のサポートに役立ててほしいと思います。

出典:teruterubozu.chesuto.jp

水素療法には水素サプリだけでなく水素点滴や水素注射がある

数年前、知人が水素サプリを作ったので感想を聞かしてくれと言ってきました。

ちょうど水素水が話題になりコンビニなどで沢山販売されていたころです。

私は、気体である水素がサプリの中に入っているというイメージがどうしても湧かず、その製品に懐疑的で取り扱うことをお断りしました。

それ以来、水素製品が売られていても手にすることはありませんでした。

 

ところが、今回点滴療法研究会の特別ワークショップに参加して水素に対する見方が変わりました。

このワークショップは以前もご紹介したように日本全国で点滴療法に関わっている医者の発表会です。

それぞれ皆さん新しい知見を取り入れて工夫されておりいつも感心させられます。

一般の標準治療ではエビデンスの強い縛りがあり新しい治療法を取り入れるのに長い年月を要するのですが、この分野は安全面をしっかり確保した後に可能性を追求するので新しいことを早く取り入れることができます。

今回注目した水素については赤坂AAクリニックの森吉臣先生が臨床実験の結果と合わせてその有用性を水素療法と名付けて発表されました。

水素の主な作用は抗酸化作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用ですが、このほかにミトコンドリアでのATP産生促進、微小循環改善、代謝改善、抗腫瘍作用などが見つかってきています。

日本は水素の研究が進んでおり、この研究の基礎は日本医大の太田成男教授の脳梗塞治療に水素を用いてその有用性を確かめた論文と言われています。

抗酸化作用には活性酸素の除去と酸化脂質の還元修復があります。

一般に活性酸素というと体の細胞を傷つける悪者のイメージがありますが、中にはスーパーオキサイドのように生理活性物質として体に役に立つものもあります。

水素は悪者の活性酸素であるヒドロキシラジカルを消し、一方のスーパーオキサイドには影響を及ぼさないといった面白い作用があります。

つまり、水素の抗酸化作用は生体が持つ抗酸化酵素(SODやカタラーゼなど)産生能を妨げず、ヒドロキシラジカルを選択的に制御できるということです。

抗酸化物質であるビタミンCやビタミンEは互いが協調し、それら自身が酸化されることで、体を酸化から守ってくれていますが、水素は酸化された脂質やビタミンCやEに電子を与えて、酸化を取り除くこともできることがわかってきました。

よって水素は体で重要な抗酸化物質を再度還元するリサイクル作用をもつ物質と言えます。

 

水素療法には水素水や水素サプリメントの飲用、水素ガスの吸入、水素点滴があります。森先生の実験では水素サプリを飲用した前後においてd-Rom(酸化ストレス)の低下、BAP(抗酸化力)の上昇が見られました。

さらに運動選手にサプリメントを与えたところ血清乳酸値の上昇が抑えられ、疲労しにくくさせることがわかりました。

また、尿中酸化ストレスマーカーである8-OHdGは一般的にがん患者で高くなりますが、水素サプリをがん患者さんに服用させたところ7日間でその値が低下してきたことを示されました。

サプリで急にがんが治るわけではないですが、酸化ストレスを軽減させていることが考えられます。

がん細胞は活性酸素を出して、周囲の間質を傷害し、転移や無限の増殖を可能にしています。水素には活性酸素を除去し、がんの増殖や転移を抑え、がん細胞内のミトコンドリア機能を復活させアポトーシスを促す作用があるので、水素点滴として直接血管からがんのある部位に作用させようという考えができます。

そこで森先生は生理食塩水に効率よく水素を浸透させる方法を研究して、質のいい水素点滴をつくり、がん治療に用いています。その結果は予想通り酸化ストレスの軽減が見られたようです。

がんが縮小したかどうかの結果は今回示されませんでしたが、今後が楽しみです。

 

また水素には酸化LDLを低下させる作用があり、動脈硬化、脳梗塞などの循環器疾患や活性酸素が関与するアルツハイマー病やパーキンソン病などの神経疾患への応用が考えられています。

さらに発展させると活性酸素が関与するすべての疾患に対して用いることが可能で、アンチエイジングや整形外科疾患の腰痛、変形性膝関節症、リウマチなどに注射として使っている医師もいます。

 

私自身このたび水素療法の可能性を感じましたので、さらに勉強を重ね、その有用性がはっきりした後、臨床応用してみたいと思います。

長生きのためのビタミンD

昨年あたりから、研究会でビタミンDの話題が取り上げられるようになり、また最近では取引しているサプリメント会社からのビタミンDの宣伝が多くなりました。

整形外科出身の私としてはビタミンDといえば“骨”のイメージしかありませんでしたが、
骨以外の体にとって有用な働きが沢山あることを知り、今では現代の生活になくてはならないものであると感じています。

ビタミンD関連の海外文献を調べてみると今まで約30000本あり、2012年には約3600本出されていることから、最近注目度が上がっていることが伺えます。

ビタミンDとアレルギー、免疫、妊娠と栄養、自閉症と発育、心臓と血管、糖尿病、ガンのリスク低減、総死亡率など広い範囲にわたり報告されています。

身近な話としては、ビタミンDが抗菌、抗毒素特性のあるポリペプチドを誘発し、自然免疫系を強化してかぜ、インフルエンザなど感染症の予防になるということと、花粉に対しての免疫寛容を引き出し(つまり花粉を敵と見なさないようにしてアレルギー反応を抑える)、花粉症を和らげる働きがあるというものです。
花粉症で悩んでいる方には朗報です。早速私も花粉症の身内にビタミンDを飲んでもらうようにしました。

続いて興味深いのはガンに対する効果です。ボストン大学の研究では日光に当たることとビタミンDの血中濃度を40-60ng/mlにすることでガンの予防効果が高まる(Holick,2013),
またノルウエーの研究では658人のガン患者で血清25(OH)D値が32ng/mlあったグループは18ng/ml以下のグループよりガンによる死亡リスクが66%低くなった(Tretli,2012)などがあります。
またビタミンDの不足関連の疾病で亡くなる割合が25(OH)Dを22から44ng/mlにアップすると死亡率が20%減少したという報告(GrantWB,2011)もあります。

ビタミンDは、水に溶けるビタミンBやCと違い、油に溶ける脂溶性ビタミンです。
ビタミンDは紫外線によって皮膚に含まれるコレステロールから合成れます。つまり、紫外線不足、日光不足やコレステロール不足でビタミンDは不足します。
合成されたビタミンDは血中に移動し、肝臓で25(OH)D に変換されたのち、肝臓や脂肪に蓄えられます。よって体内のビタミンDの大部分は25(OH)D の形で存在し、全身への安定的なビタミンDの供給に備えています。

また腎臓で必要に応じて活性型1・25(OH)Dとなり、体に様々な働きを示しますが、25(OH)D の血中半減期は2~3週間であるのに対し、活性型1・25(OH)Dは15分程度と言われています。
また活性型は量的に1000分の1と少なく、短時間少量で細胞に働きかけます。
最近では腎臓以外の細胞(乳腺、大腸、前立腺、肺、免疫細胞)で活性型が作られて、細胞の成長や分化、免疫機能、血圧を調整するホルモンに関わることがわかってきました。
よって活性化される前の25(OH)Dを不足しないように体内に蓄えておくことが大切で、その量は血中濃度を測定することでわかります。
理想的には30~40ng/ml以上の濃度が良いと言われています。

ここで注意すべきことは、活性型1・25(OH)D を測定しても体のビタミンDの需給がわからないというここと、薬で処方されるアルファロールなどの活性ビタミンDを沢山飲んでも(実際は保健適応外なので多くは処方できない)高カルシウム血症の危険があり、意味をなさないということです。

加齢が進むと皮膚でのビタミンDを生成する能力が低下し、ビタミンD不足による疾患に罹る可能性が高まります。

よって、日光に当たったり、ビタミンDを多く含む食品を摂ったり、25(OH)D のサプリメントを利用することが大切です。日光浴は直接日光(紫外線UVB)のあたる場所で、なるべく肌を露出して15分前後行うことが効果的ですが、しわやシミが気になる場合は、最低5分でも浴びてから日焼け止めを用いるとよいでしょう。

食品では、あんこう肝、イワシ、イクラ、紅サケ、シイタケ、きくらげなどに含まれていますが、これらを食することが難しい場合は、サプリメントで1日2000IUを摂ると理想の値に近づきます。

健康で長生きを目指すなら日に当たり、ビタミンD を積極的に取り入れるべきでしょう。

日本山人参がカザフスタンへ

カザフスタンという国をご存じでしょうか。北はロシア、東は中国、南はキルギス、西はカスピ海に囲まれた中央アジアの国です。石油やウランの資源輸出を背景に高成長しており、2011年のGDPの伸び率がなんと7.5%です。この地にイオングループのコンビニ、ミニストップが地元企業と合弁会社をつくり年内に進出し、多店舗展開してゆくようです。

当院では温熱療法の前に日本山人参茶を召し上がっていただいていますが、この日本山人参を生産から販売まで手掛ける会社の斉田さん(代表)が2年ほど前からカザフスタンに行き、山人参の普及活動を行っています。現地の人のお口に合っていることと、糖尿病にいいことから人気が出て来て、最近はカザフ民族医科大学で実際に日本山人参が人にどの程度の効能があるのかを調べる治験が行われました。
その論文を斎田さんからいただき、読んだところ、驚きの結果が出ていました。それは高血圧合併2型糖尿病患者に日本山人参と糖尿病治療薬を併用すると患者の6割の血糖値が正常化するとともに、血管障害のリスクが30~40%低下するというものです。そしてその結果によりカザフスタンの診療所と保養所で山人参の使用が許可されました。これから現地でますます多くの人が日本山人参に触れて健康になり、大きな話題になるでしょう。

そもそも日本山人参とはセリ科の植物で、漢方であれば当帰(トウキ)、柴胡(サイコ)の仲間で、ウコギ科の朝鮮人参とは異なります。朝鮮人参の効能は人参サポニンが鍵を握っているのに対し、日本山人参はクマリン化合物が主に働いています。
クマリンは植物に広く含まれており、抗酸化物質のポリフェノール類として抗菌作用、エストロゲン様ホルモン作用があり、薬ではワーファリンが抗凝固薬として利用されています。

日本山人参の特徴として血流が良くなることが明らかですが、これは交感神経の興奮を和らげる働きと血小板凝集抑制作用によるものがあります。不眠、うつ、冷え症は交感神経優位の状態が続くことが要因なので、山人参の力が期待でき、当院で扱う第一の理由となっています。また、「人は血管とともに老いる」という言葉があるように、動脈硬化の進展を抑えることがとても大切で、山人参は病気だけでなくアンチエイジングにも役に立ちます。そしてなによりも当院で取り扱っているものが他国でも認められた良い製品であることに嬉しさを感じます。

今年より琉球温熱施療後に朝鮮人参のサプリメントをお勧めしていますが、施療前の日本山人参との相性も良く、温熱効果を長続きさせることができます。
日本と朝鮮の優秀な生薬が琉球温熱をさらに引き立たせ、さまざまな病態改善に働くことを今後も示してゆきたいと思います。