百寿者センテナリアンになるには、がん予防と同じく抗炎症が大切

敬老の日は過ぎてしまいましたが、

総務省の発表では、9月15日時点での65歳以上の高齢者数は男性が1462万人、女性が1921万人のあわせて3384万人で、日本の人口の約27%を占め、数、割合ともに過去最高となりました。

また、厚生労働省によりますと、100歳以上の高齢者は6万1568人となり、初めて6万人を超えました。私が生まれたころの1963年には153人でしたので、かなりの増加です。さらに2050年には70万人に達するという予想もあります。

在宅医療の現場においても90代の患者さんの割合が増え、100歳越えの患者さんを診ることもあまり珍しくはなくなりました。

ただ、100歳に達することはそれほど容易なことではなく、その直前(96~99歳)、あと少しというところで天に召されることが多いため100歳のハードルは高い印象があります。

100歳越えの100~104歳の人を百寿者やセンテナリアン、105~109歳の人を超百寿者semisupercentenarian(SSC)、110歳以上をスーパーセンテナリアンsupercentenarian(SC)というようです。

これは慶応大学の広瀬信義先生と新井康通先生らが分類し研究を行っており、最近その興味深い結果が出てきています。

百歳にもなりますと高血圧、骨折、白内障、心臓、呼吸器、脳血管疾患など持病が97%の人にあります。

しかし、糖尿病だけが他の世代に比べ極端に少なかったのです。

この事実がきっかけで、原因を探っていくとアディポネクチンというホルモン様タンパク質が大いに関係していることがわかりました。

百寿者におけるアディポネクチンの血中濃度を調べてみるとほとんどの人で平均より高く、中には若い世代の2倍以上の値の人もいました。

このアディポネクチンは脂肪細胞から分泌されて、インスリン抵抗性を改善し筋肉内への糖の取り込みを促したり、抗炎症、抗老化作用を発揮します。

特に高齢になると炎症反応が高まる傾向にあり、その結果、栄養状態の低下、凝固系の亢進、貧血、サルコペニアが引き起こされます。

しかし、アディポネクチンの抗炎症作用によりこれらを抑えることができます。

つまりこの抗炎症作用が長生きをするためのkeyになります。

私の考えでは、百寿者とはアディポネクチンというプラチナチケットを手に入れ、さらに長生きできる好循環サイクルに入った方々ともいえます。

そこでアディポネクチンは脂肪細胞で作られるので、どんどん太ればよい感じがしますが、そううまくはいきません。

肥大化した脂肪細胞からはTNF-α、レジスチン、遊離脂肪酸などが大量に分泌され骨格筋でのインスリン抵抗性を惹起する一方で、アディポネクチンの産生分泌は低下してしまいます。

やはり太ると耐糖能障害から糖尿病になり長生きできない体になってしまいます。

百寿者を目指すのであれば、絶対に糖尿病にだけはならないぞという心構えが必要でしょう。

さらに新井先生らはアディポネクチンだけでなく細胞老化に関係するテロメアを百寿者やその直系子孫において調べて、面白い結果を導きました。

テロメアは染色体の末端に位置し細胞分裂のたびに短くなり、テロメアの長さは細胞老化の指標として考えられています。

高齢になるにつれテロメア長は短くなりますが、今回の調査では百寿者やその直系子孫ではテロメア長が長く保たれ、子孫の方の年齢が80歳代でも、60歳代の平均値に匹敵する長さを有していることが示されました。

また子孫の方のCRPやTNF-αなど炎症マーカーの値も低く抑えられていました。

つまり百寿者が遺伝的に次世代に引き継がれる可能性を高めているのは抗炎症にあると考えられます。

細胞は分裂を繰り返すと炎症を起こす物質や、タンパク質を分解する酵素を出し、自ら悪い環境にしてしまい老化が進みますが、免疫細胞においてもT細胞は何回も分裂するとサイトカインを放出し炎症を生じさせてしまいます。

新井先生は炎症が健康寿命を規定する要因であると述べており、慢性炎症はがんを引き起こす要因でもあるので、将来炎症を抑える方法として何が良いかを探すことが重要です。

アディポネクチンをアップさせるには有酸素運動や適度な筋肉運動が良く、納豆や豆腐などの大豆製品や青魚を摂ることも効果的と言われています。

抗炎症には、消炎鎮痛剤を飲み続けるわけにはいかないので、食品として以前紹介したクルクミン(ウコン)やEPA(青魚)、αリノレン酸(シソ油)、生姜がおすすめです。

さらに抗酸化作用のあるブロッコリ、トマト、ビタミンEを多く含むアーモンドなどを加えると良いでしょう。

出典:New England Centenarian Study

がんと闘うサプリメントと 機能性食品

がんにおける機能性サプリメントは数多く存在し、何が本当に良いのか迷ってしまいます。

さらに今年4月から機能性食品の表示方法が変ったことにより、どれもこれも体にいいことばかり書かれているので、さらにわからなくなってしまいます。

当院に来られる患者さんには初めにどのようなサプリを飲んでいるかを問診票に書いていただくのですが、必ずと言っていいほど何らかのサプリメントを飲んでおり、その中でもキノコ類、フコイダンが多いようです。

がんに対しては、慢性炎症を抑える、がんのアポトーシスを誘導すること、免疫力を上げることが大切で、これらの効果を持っている機能性サプリメントが必要です。

もちろんタンパク質の摂取、ビタミンB群、C、D、ヘム鉄、亜鉛などのベーシックなサプリはがんに対峙する強い体つくりには欠かせません。そして、がんは嫌気性解糖を行っているので、低酸素症の人、貧血状態が好きなので、貧血予防が特に大切です。

まずはベーシックなサプリで必要とされる栄養素を十分に摂った上で機能性サプリを加えていくやり方が、正しいと私は考えます。

フコイダンはワカメ、昆布、もずくなどの表面にあるヌメリ成分に多く含まれる多糖類です。抗腫瘍作用、免疫活性作用、インフルエンザ感染予防、血栓抑制、育毛作用の機能性は確認されています。フコイダンに含まれる硫酸基がカギを握っており、これが多く含まれる高分子のフコイダンが、低分子より抗腫瘍効果があるようです。基礎研究ではインターフェロンγの産生を促進しNK細胞を活性化したり、マクロファージに作用してIL12やTNFαの産生を誘導すること等の他に、腸のパイエル板からのインターフェロンγの産生を誘導することも分かってきました。特に副作用もなく安全性も十分確認されています。

フコイダンにはG,F,Uの3種類があり、その中のU-フコイダンは、がんのアポトーシスを誘導する働きがあることが最近分かってきて、その機能性に期待が持てます。函館近辺でとれる“がごめ昆布”にはフコイダンが多く含まれており、味が良いので私自身、がごめとろろ昆布を取り寄せて、いつもみそ汁に入れて食べています。

キノコ類は菌糸体から分離されるβグルカンという多糖体が機能性の元となります。中でもアガリクスはβグルカンを多く含むヒメマツタケを使っており、人気があります。ただ、平成18年にキリンウエルフーズが販売していた(今は販売していない)アガリクス顆粒が発がんを促進する作用があるとして問題になったことがあり、良い印象を持たない人も少なからずいるでしょう。

βグルカンは、分子量が大きいため小腸粘膜では吸収されず、小腸内の免疫組織であるパイエル板のM細胞を介して吸収されます。続いてパイエル板にいるマクロファージはそれらを貪食しIL12やインターフェロンγなどのサイトカインを作り出し、結果NK細胞を活性化させて抗がん作用を発揮します。

1985年池川らは10種類のキノコの熱水抽出物の抗がん作用を調べた結果、エノキタケとブナシメジに非常に高いがん増殖阻止力があることを見つけました。それぞれ動物実験をした結果、抗がん作用が認められ、その後両者を組み合わせたEEMという食品ができました。今度はEEMをがん患者さんに用いたところ特に副作用もなく、延命とQOLの改善がみられたようです。また長野県の疫学調査でエノキタケ生産農家のがん死亡率は、長野県全体の死亡率より4割低い結果がでており、EEMに期待が持てます。

クルクミン

ショウガ科の植物であるウコンに含まれるクルクミンは、ターメリックという香辛料としてカレーに使われ、私たちに大変なじみのあるものです。

ポリフェノールの一種で抗酸化作用があります。

二日酔いに効く健康飲料のウコンの力のCMを良く目にしますが、クルクミンを前面に押し出した健康食品の宣伝は少ないようです。当院で取り扱っているドクター向けサプリメントの会社もクルクミンサプリはなく、なかなか認知度が高まらないためか、積極的にウコン、クルクミンをとっている患者さんにはあまりお目にかかりません。ただクルクミンには抗がん作用があることが分かってきて研究も進んでいます。

クルクミンの大事な働きの一つに抗炎症があります。慢性炎症は発がんを促進すると同時に、樹状細胞やキラーT細胞の活性を弱め、免疫抑制系のT細胞の活性を高めてがんに対する免疫力を低下させます。クルクミンはこの慢性炎症を抑え免疫力を高めます。また多くのがん細胞は、NF-kβという転写因子が活性化されアポトーシスが起こりにくくなっております。クルクミンはこの転写因子の活性を阻害し、アポトーシスを促すことで腫瘍縮小効果を示すことが報告されております。さらにイレッサやFOLFOXなどの抗がん剤の効果を高める働きがあることも報告されており、今後が期待できるサプリメントです。がんとは関係ありませんが、クルクミンには脳におけるβアミロイドの蓄積を抑制し、アミロイド斑を減少させる働きもあり、アルツハイマー型認知症対策に使えそうです。

いずれの機能性食品も経口摂取して腸に運ばれて作用するものであり、その現場である腸の環境の良し悪しが、その機能性を十分発揮できるかどうかに関係しています。

そこで乳酸菌 ビフィズス菌などのプロバイオティクスの状態が重要になります。

プロバイオティクスは腸管関連リンパ組織(GALT)に働きかけ腸管免疫を高めるので、幾種類のヨーグルトを摂ったりプロバイオティクスのサプリメントを用いることも必要です。

多くのサプリが出ていますが、私が現時点でおすすめできるものを書きました。

これらの機能性食品を上手に使い、がん予防やがん治療のサポートに役立ててほしいと思います。

出典:teruterubozu.chesuto.jp

コレステロールと学会と薬の関係

このほど厚労省がまとめた食事摂取基準において、食事から摂るコレステロールの基準(男子750mg未満、女子600mg未満)が科学的な根拠がないとして撤廃されました。

それに引き続き動脈硬化学会も「コレステロール摂取量を減らして血中コレステロール値が低下するかどうか判定する証拠が数字として出せないことからコレステロールの摂取制限を設けない」との少し回りくどい表現ですが科学的な見解を示しました。

つまり体内のコレステロールの80パーセントが肝臓で合成されており、食事からのコレステロールをある程度摂っても体内で調整されるため血中コレステロール値は変化しないというものです。

よって今まで少し我慢していた卵や肉などを堂々と食べることができます。ただし、これらはあくまで健常者の話であり、家族性等の高LDLコレステロール血症の人は今まで通り注意が必要であるといわれています。

今回このように基準が変わったのは、2013年のアメリカの心臓病学会/心臓協会(ACC/AHA)が次の二つのことを臨床的エビデンスがないので、放棄したことがきっかけです。

一つはコレステロールが低ければ低いほど良い(リスクがなくても、LDL値160mg/dl以下)にする。二つ目は背景のリスク因子に基づきコレステロールの上限値を定め、それ未満に保つ医療を行うというものです。

今までの日本の基準もアメリカに習う形で進めてきたので、今回アメリカが変わることで日本も変えることに至ったのでしょう。裏を返せばこのたびの話はアメリカが保証したある程度エビデンスの高いものとして捉えることもできます。

またACC/AHAは動脈硬化性疾患の人や糖尿病患者などを除いてLDL値が70~190mg/dlの範囲の人にはコレステロールを下げる治療をしないとしています。しかし、いまだに日本の治療対象基準は140mg/dlで、160mg/dlを超えた時点でスタチンというコレステロール低下剤が処方されてしまいます。このあたりの基準も考えないと今後ますます混乱してきます。

もともと日本では、コレステロールを下げるべきか否かにおいて、低ければ低いほど良いという「日本動脈硬化学会」と、低くしない方が良いとする「日本脂質栄養学会」のバトルが続いておりました。

日本人間ドック学会と健保組合連がおこなった大規模調査ではアメリカの基準とほぼ同様な結果が得られ日本脂質学会を支持するかたちとなり動脈硬化学会のみが取り残される状況になったようです。それではいけないとこのたび基準値の変更を余儀なくされたものと私自身は想像しています。

コレステロールは長年にわたり悪いイメージに作られてしまいましたが、男性ホルモン、女性ホルモン、抗ストレスホルモンや細胞膜の元になる大事な物質です。一般的にHDLは末梢で余ったコレステロールを肝臓に運ぶので善玉とされ、LDLはコレステロールを末梢に運ぶので悪玉のように言われますが、LDLはもともと体に必要とされて働いているだけで、決して悪さはしていません。酸化されたLDLが血管に影響を及ぼすのであって、酸化が悪さの原因です。

日本人の総コレステロールと死亡の相対危険度のデータによると基準値を220mg/dl以下としたときに280mg/dl以上で循環器死亡割合が増え、逆に160mg/dl未満になるとがん死亡が増えていきます。

LDL値による死亡率に関しては男性の場合100mg/dl以下でがんや呼吸器系の疾患で亡くなる率が高まり、180mg/dl以上で心血管疾患が高まります。

また男女とも100mg/dl以下で心血管系疾患が増加します(脂質栄養学18:21~32,2009)。

よってコレステロール値とLDL値は高すぎても低すぎてもいけません。

一般的な治療としてLDL値を下げるためにスタチンという薬を使います。

スタチンでLDL値が下がり心血管イベントの予防ができるように思われていますが、文献を精査してみると家族性高コレステロール血症の場合を除き、それほどの効果ははっきりしないようです。製薬会社と関係のある商業論文ではスタチンが心臓病を予防するような結果がでていますが、一方でEUにおいてバイアスを取り除いた研究では予防には至らなかったという事実もあります。

つまり、スタチンでLDL値は下がるけど心臓病を予防できるか分からないということです。最近ではスタチンにより糖尿病リスクが上昇することも言われています。特にスタチンはミトコンドリアでのATP産生阻害をするので、心筋細胞や血管平滑筋細胞に障害をもたらす可能性があり、この時にCoQ10やGSHペルオキシダーゼなど大事な抗酸化酵素が失われ、酸化ストレスが増大します。またスタチンは組織のビタミンK2欠乏を引き起こし冠動脈や弁の石灰化を促すこともいわれています。つまりLDLを下げようとすると逆に心臓を悪くしてしまうようです。

家族性等ではなく一般的にLDLが少しくらい高いからといってスタチンを用いて値を下げようとすると逆に体への負担を強いることになります。

心血管イベントを予防する目的でLDLの基準値がありますが、この根拠もはっきりしないような状況でスタチンを使いLDLコレステロールを下げる理由が分からなくなりました。

今回の件をきっかけに調べたところ、いままで信じて使ってきた薬の不確実性に直面し、がっかりした気持ちになったのは私だけでしょうか。現在、在宅の何名かの患者さんにもスタチンを処方していますが、これからどうしようか悩みます。

薬の特許切れやジェネリックの関係などから次々に新薬が出されますが、今後は今まで以上によく吟味して使っていきたいと思います。

またこれからは、総コレステロール値280mg/dl、LDL値160mg/dlまでなら気にせず食事をして、むやみに薬で下げようとしないことが大切であることを伝えていきたいと思います。

体に良い水を探そう

当院に温熱で通われている患者さんが、先日「これいいんだよ!」と水素水を持って来られました。

私は「最近、抗酸化の面から評判がいいようですね」と簡単にお答えするだけで、それ以上は言えませんでした。

というのも栄養関係の研究会において水の話題もなく、水はそれほど重要視されていない印象があったからだと思います。

また、水であるのに高らかに効能効果を謳っているのもどうかなという思いはありました。

しかし、過去に何度か患者さんから水に関する質問をされたこともあり、食べ物の栄養についてだけでなく水に関してもある程度はお答えしなければならないと最近考え直したところです。

漠然と水道水は体にあまり良くない水で、ミネラルウォーターはまあまあ良い水と誰もが考えると思いますが、大方間違ってはいないようです。

水道水には消毒用の塩素が含まれ、おいしくない理由のひとつでもありますが、一般細菌を極力なくしたり、大腸菌をゼロにするといった厳しい基準のため必要なことです。

ただ、この塩素が浄水場で植物など有機物が腐った時にできる物質と反応し、発がん物質であるトリハロメタンを発生させてしまいます。トリハロメタンの量はわずかで、がんの発症率が極端に高くはならないのでそれほど心配はないのですが、気になります。

さらに、これより気がかりなのは塩素による私たちの腸への影響です。腸には約2万種類1000兆個の腸内細菌が住み着き、便の形成だけでなく、最近は免疫や精神に大いに影響を及ぼしていることが知られてきました。

水道水に含まれる残留塩素は次亜塩素酸で、強い酸化作用と抗酸化酵素の活性阻害により活性酸素種の生成に寄与することで細菌を殺していますが、これらが腸管内に入ることにより、腸内細菌叢(腸内フローラ)が荒らされます。ヨーグルトやオリゴ糖、食物繊維で腸内環境を整えても水道水を続けているとなかなか良くならないことが想像できます。

私も以前は気にせず水道水を使ったお茶などを飲んでいましたが、腸への影響を知るようになった段階で、ナチュラルミネラルウォーターに切り替えました。

皆それぞれお気に入りの水があると思いますが、私は石見の潤水といって島根県金城町の地下から湧き出た温泉水を愛用しています。

某有名オーナーシェフに肖ったものですが、そのまま飲むとまろやかで、お茶や料理に使うとよりおいしくなります。

天然水にはナチュラルミネラルウォーター、ナチュラルウォーター(ミネラルに規定がない)、ミネラルウォーター(化学的処理を行ったもの)、ボトルドウォーター(加工したもの)がありますが、ナチュラルミネラルウォーターと表示するには出所、処理法をきちんとする必要があるので、その表示がある水を選ぶべきでしょう。

また水の活性が保たれているという意味で非加熱の表示があることも確認した方が良いでしょう。

また良い水の証としてアルカリ性であるか還元力があるかなど言われています。アルカリ性の水に関しては体が酸性になるのは良くないことだからアルカリで中和するといったイメージが先行しているようで、あまり説得力がないように思います。

体は食べ物や飲み物くらいでは簡単に酸性やアルカリ性には変化しません。

しかし、調べてみると大学レベルでアルカリイオン水と血圧や便秘、老化予防との関係を研究しているところもあり、今後の結果を期待したいと思います。

還元力に関しては水を電気分解したときに陰極側にできる水に水素が含まれることから発展した話であると思います。水の還元力を見るには酸化還元電位を測定して決めているようで、酸化還元電位が大きいと酸化力が強く、小さいかマイナスだと還元力があるらしいのです。

一般的に水道水は+300~+700mvで天然水は+200mv程度ですが、この前送られてきた岩層封純水という水素水のパンフレットには-660mvと書いてあり、すごい還元力だなと感心しました。

水道水は塩素により高く出ており、やはり体には良くないことが改めてわかり、水素水に興味を持ちました。

ただ、この酸化還元電位の測定方法や理論そのものに賛否あるので、もう少し調べてみる必要があります。

水の世界はまだまだ不可解です。

しかし、実際にこの値の低い水を摂ってみて自らがどのように変わるのか試してみたい気持ちになりましたので、早速、別の会社ですが水素水を取り寄せました。

しばらく飲んでみます。

がん予防のためのお米と上手な付き合い方

がんや老化が糖質によりある程度の影響を受けていることは多く知られるようになりました。

先日も残念なことに歌舞伎役者の坂東三津五郎さんがすい臓がんで亡くなられましたが、最近の研究で空腹時の血糖が高い(前糖尿病100~125mg/dl)と血糖が10mg/dl上昇するごとにすい臓がんのリスクが14%上昇することが示されました。

そのため糖質制限や抗糖化への取り組みが重要になってきています。

生活習慣の中で運動や食事、睡眠などがkeyになりますが、特に食事が自分の体の行く末を左右するかなりの部分を占めるので日々考えなくてはなりません。

体にとってもちろん糖質は大切ですが、現代の生活ではどうしても摂り過ぎているようです。商品を売る側もおいしいものを次々と提供してくるので、それに打ち勝つことは至難の業になってきています。

そうした中でご飯は太るからとパンを主に食べている人にしばしば出会います。その人たちにブドウ糖へのなりやすさの点からパンの選択が全く逆であることと、糖質制限をしつつもご飯を上手に取り入れてゆくことを日々お話して納得していただいております。

ご飯を健康に生かすには、まずお米とはどういったものであるかを考えてみる必要があります。

米は構造的に一番外側にある籾がら(20%)と中間の米ぬか部分(8%)と内側の内胚乳部分(72%)の3層からなっており、内胚乳部分が私たちが普通に食べている白米になります。

南魚沼産のコシヒカリの白米は確かにおいしく誰でもおかわりをすることでしょう。ほのかな甘さと風味が食欲を掻き立て続けます。

しかし、白米のみを食べ続けた場合、栄養が偏り、特にビタミンB1が不足し脚気になるいわゆる”江戸わずらい“のようになる可能性があります。これは白米自身にビタミンB1が極めて少なく(茶碗一杯150gとして0.03mg)、糖質を摂るとさらにビタミンB1の消費が進むからです。

因みにビタミンB1の1日の必要量は1.2mgとされていますが、インスタント食品を食べてストレスやお酒の多い現代の生活では慢性的なB1不足状態になり到底追いつきません。さらにB1の不足は慢性疲労の原因でもあるので、白米の食べ過ぎには注意しないといけません。

玄米、発芽玄米、胚芽米が健康や病気予防に良いと言われていますが、胚芽米は白米に胚芽(米ぬかの一部)をつけたもので、玄米は白米に米ぬかをつけたものです。発芽玄米は玄米を発芽させることで栄養価を高めたものです。

いずれも白米精製時に切り捨てた米ぬか部分がついたものなので、米ぬか自体に豊富な栄養素や機能性が存在することが想像できます。

米ぬかには米油という油分が20%ほど含まれγオリザノール、フェルラ酸やトコフェロールなどが豊富にあります。これらは酸化に強く、コレステロールの低下作用などの機能性を有します。具体的にはγオリザノールは過敏性腸症候群や不安、緊張により発症する心身症の改善に働きます。

フェルラ酸はもともと植物細胞壁の主要な成分で活性酸素やラジカルを消去したり、アルツハイマー型認知症の改善に関与しています。

油分を取り除いた残りの米ぬか部分にはフィチンやフィチン酸、イノシトールなどの水溶性成分があり、これらは認知症を改善したり、ビタミンBとして働く機能を有すると言われています。

最近の研究では、米ぬかの発がん抑制に関してポリフェノールであるフェルラ酸が注目されています。ラットの大腸がんモデルにおいて、がんのごく初期の段階で胚芽やフェルラ酸を投与した時にがんの進行が抑えられ、これらの有意性が示されています。

また玄米、および米ぬかを発酵させた特殊な食品の実験では、初期ではなく発癌後しばらくしてから投与したところ大腸がん、肝臓がん、食道がん、胃がん、膀胱がんの増殖は抑えられました。しかし、乳癌の発生は抑えられなかったようです。

このように白米を食べるために、捨てていた米ぬかにはまだ動物実験の段階ですが、がんの抑制効果が見られ、これからは米ぬか部分も積極的に取り入れる必要があるようです。

つまり玄米か胚芽米を白米に変わって食すべきということにつながります。

ただ玄米は残留農薬が気になるのと玄米オンリーでは玄米のデトックス効果で体が必要とするミネラル分が排泄される懸念があります。

しかし、白米よりブドウ糖への分解が遅く糖質制限をするうえで、有用であると思います。また食べ慣れるために白米:玄米を7:3からはじめ5:5へ、それから3:7まで段階的に割合を変えてみるのもいいと思います。

胚芽米は栄養や機能面では申し分ないですが、ブドウ糖へのなりやすさは白米に近いので糖質制限の点からは取り過ぎに注意しないといけません。

私たち日本人は大昔より米を食べて現代に至っているので、体はたとえ玄米でも効率よく分解吸収するよう備わっているはずですが、糖質のおいしさを追求するあまり肝心の栄養素を捨ててしまったことから病気が出てきていると思います。

その栄養素の研究が進み、がん予防の可能性も出てきているので、もう一度お米というものを見直すことが大事です。

お米は糖質制限の敵ではなく、選択と食べ方の工夫により健康維持や病気予防に役立つものであります。

出典:josei-bigaku.jp