MCIを知り認知症予防をはじめよう

日々の往診で感じるのは認知症の患者さんを介護しているご家族がとても大変であるという事です。患者さん自身は言った事をすぐに忘れてしまう、何度も同じ話が続く、家族は食事や排せつで手を焼くなど介護負担は枚挙にいとまがありません。

2012年の認知症患者さんは460万人で、超高齢化社会の到来とともに2025年には700万人になると予想され、何らかの手を打たない限り増加の一途をたどります。

認知症には6割近くを占めるアルツハイマー型認知症と脳梗塞などが原因となる血管性認知症、そしてレビー小体型認知症、前頭側頭型認知症があります。

認知症は平たく言うと脳神経細胞にゴミのような物質がたまり、細胞が機能不全になり脱落してゆく疾患です。

アルツハイマー型の場合、脳神経の細胞内にタウ蛋白、細胞外にアミロイドβが蓄積します。レビー小体型では細胞内にレビー小体という蛋白の集合体が蓄積することで細胞障害を引き起こします。

私たちは現場において患者さんに認知症テストを行い認知症と診断した後、漢方薬や皮膚に貼る薬やアリセプト(アセチルコリンエステラーゼ阻害薬)やメマリー(NMDA受容体拮抗薬)などの飲み薬を処方しますが、著しい改善には至らず、なかなかうまく行かないのが現状です。というのも、いずれの薬も症状改善薬であり、神経変性の結果生じる神経伝達物質の枯渇を間接的に補充するだけなので根本的な治療ではないからです。

認知症発症時にはもうすでにアミロイドβが脳にたまりきっていることが分かっているので、アミロイドβの沈着や神経変性を遅延させるような根本的治療薬が、一刻も早く必要とされます。

そうした中、最も大事なことは認知症にならないように予防することです。

認知症になる一歩手前の疾患概念として軽度認知障害; MCI(Mild Congenitive Impairment)というものがあります。これは本人または周囲からの認知機能低下の訴えがあり、認知機能は正常でないわりに、認知症の診断基準は満たさず、少しのADL(日常生活動作)障害はあるものの基本的にADLは正常であると示されています。

MCIの特徴としては、同年代の他の人に比べて、物忘れの程度が強い、物忘れが多いという自覚がある、日常生活にそれほど大きな支障はきたしていない、物忘れが無くても時間や場所の把握、注意力、理解力、判断力、会話など認知機能の障害が一つでもあることなどです。

MCIの患者さんは2012年には400万人でしたが、2025年には同じ割合を当てはめると600万人近くになると予想されます。

一般的にMCIと判断するためにMoCA-JやCDRという質問に答える形式のテストがあり,比較的有用とされています。

MCIは記憶障害と言語、遂行機能、視空間認知の有無で4つに分けられ、将来どのタイプの認知症に進むのか予想することもできます。特に、記憶障害があるamnestic MCIと分類された場合は高率にアルツハイマー型認知症に進行するようです。

しかし、MCIになったらといって、すべて何らかの認知症になるのかというものではなく、正常に戻る確率は14~44%程あるともいわれています。

客観的な検査では、従来、針を背中に刺して脳脊髄液を取り、その中のアミロイドβ、タウ蛋白を測定する方法がありましたが、最近では血液中のapoA1,C3,TTRという3つのタンパク質の測定をしてMCIのリスク判定ができるようになりました。

このリスク判定は感度87%、特異度82%と高く、結果は健常から高リスクまで4段階で出てきます。またApoE遺伝子型検査を加えることで認知症の発症リスクをさらに知ることができます。

このMCI検査により自身のリスクを出来るだけ早期に知って、確実な予防へとつなげることが大切です。

認知症に関して若年期は15歳までに教育をして、中年期は高血圧、肥満、難聴に注意し、高齢期は喫煙、うつ病、低身体活動、社会的孤立、糖尿病に注意するなどで、認知症症例の1/3以上は生活習慣要因への対処により予防可能と報告されています(Lancet,2017)。

基本的には生活習慣病の予防ですが、特に糖尿病が危険と多くの論文で言われているので気を付けましょう。

予防法は他の疾患と同様に運動と栄養がkeyになるのは言うまでもありません。

最近のメタ解析で認知症の改善に運動は関係ないと報告がありましたが、予防という面に関して運動は有効です。運動によりネプリライシンという物質や筋肉から成長ホルモンの分泌によりBDNF(脳由来神経栄養因子)が増えてアミロイドβに対し抑制的に働くことがいわれています。65歳以上の高齢者を週3回15分以上ウォーキングなどの有酸素運動をした群としない群で6年調査したところ、有酸素運動により認知症になるリスクが大幅に低下した結果が得られました(Ann Intern Med 2006)。

また、金沢医科大学の認知症センターの入谷先生は運動と共に大事なのは何事にも興味を持って行動できる知的好奇心であると述べています。

認知症の予防効果の高い食品はビタミン、ミネラル、オメガ3,9系脂肪酸、ポリフェノール、レシチンを多く含むものです。また、お茶やコーヒー、オリーブオイル、ごまなど抗酸化作用のある物やターメリック、アーモンド、シナモン、ローズマリーなどアミロイドβとタウ蛋白の蓄積を阻害すると言われている物も推奨されます。

逆に控えるべき食品はトランス脂肪酸、オメガ6系脂肪酸、白砂糖を多く含む物、そして塩分です。

よって栄養面においてはこれらの取捨選択を日々地道に行うことが大切です。

 

最近よく耳にするフレイルという言葉は運動機能の低下と認知機能の障害で要介護状態に向かうことをいい、認知症を予防することがフレイルの予防にもつながってゆきます。

在宅医であり整形外科医でもある私は運動器の専門家として、フレイルという観点から今後は認知症予防への対応を進めていく必要性を感じております。

photo: NewScientist

隠れ疲労には抗酸化が大切

現在、国会で働き方改革についての議論が大詰めを迎えようとしています。

一億総活躍社会を目指す一方で長時間労働や過労死の問題をいかに解決してゆくかが大事な点です。

多くの方が悩まれていると思いますが、当院にも肩こり、冷えや疲れを訴えて働き盛りの女性が来られます。

疲労という言葉において“労”は心や体を使ってそのことに努めること、“疲”はくたびれて力が弱ることとされ、まさに疲労は働いた結果もたらされる体に良くないものとも言えます。

寝たり食べたりすることで日々うまく疲労を打ち消すことができる人がいる一方で、疲労が蓄積しているのになかなか気づかず、病気や死に至ってしまう隠れ疲労の人がいます。

隠れ疲労は大阪市立大学の梶本先生が提唱した言葉で、休んでも取れないグッタリの正体と説明しています。

隠れ疲労には以下の6つの重要なサインがあります。

1.何事もすぐに飽きてしまう

2.電車に乗ると、次の駅に着くまでに寝落ちする

3.起床4時間後に眠気やだるさがある

4.口唇や脇にヘルペスができる

5.夜中に何度も目が覚める

6.体臭がツーンとする

これらのサインの根底には脳の疲労、自律神経の問題、免疫力の低下、肝機能低下などがあります。

これを回復させようと栄養ドリンクやお酒を飲んだり、うなぎや焼き肉を食べたり、熱い温泉に浸かったり、運動でリフレッシュを望んだりしてもあまり効果がありません。

つまり、一時的に疲労感を軽くしても根本の疲労は取れないという事です。

最近分かった疲労のメカニズムは、まず仕事、運動、ストレス、睡眠不足など体に降りかかった負担が間脳の視床下部という自律神経の中枢に伝わります。続いて自律神経への刺激の増大により細胞周囲の活性酸素が増えて視床下部にダメージを与えます。その後視床下部から眼窩前頭野にその情報が伝わることで、「体が疲れた」疲労感として認識します。

自律神経は呼吸、心臓、血流、消化吸収など生命維持に関わっているのであまり負担がかかりすぎると生命の危機に至るため、前頭葉から体に抑制をかけるのです。

しかし、モーレツに働き過ぎの人は神経が高ぶり、ドーパミンやβエンドルフィンといった快感、興奮物質が眼窩前頭野の信号を打ち消してしまい疲労を疲労感として認識できなくなってしまいます。

この疲労感のマスキングがまさに隠れ疲労の正体なのです。

疲労に関係する物質として疲労因子FFが2008年に発見されました。

以前、疲労といえば乳酸が原因といわれていましたが、近年乳酸により疲れが生じることはなく、逆に細胞の疲弊を予防する働きがあることがわかりました。

FFは細胞の酸化によって血液中に増加し疲労感をもたらします。

また同時にFFに対して疲労回復物質FRが作られ、自身が酸化されることにより疲労回復をもたらします。

しかし、隠れ疲労においては活性酸素がFRを上回る勢いで発生するので細胞の傷が癒えず、機能障害や老化そして過労死などにつながります。

隠れ疲労に近い疾患としてアメリカでは慢性疲労症候群があります。これは半年以上にわたって極度の疲労感が続き、筋肉痛、リンパ節の腫れ、発熱などの症状があらわれて日常生活が営めなくなる疾患です。

特定の治療法はまだ確立されていませんが、マグネシウムやビタミンB群が有効なケースもあるため当院ではマイヤーズカクテルというB群が多く入った点滴を行っています。

隠れ疲労に対しては酸化が主な原因となるため抗酸化作用のあるビタミンC、E、アルファリポ酸などが適していると思われますが、梶本先生は23個の抗疲労物質から有効な4つの物質を探し出しました。

それはクエン酸、コエンザイムQ10、リンゴポリフェノール、イミダペプチドです。

中でもイミダペプチドは渡り鳥が休むことなく長距離を飛ぶための物質として発見され、すでに健康食品として販売されています。

イミダペプチドは体内で吸収時にβアラニンとヒスチジンに分解され、酸化が起こっている部位で合成酵素により再びイミダペプチドになり作用します。また、イミダペプチドは抗酸化作用、疲労因子FFの軽減、細胞に機能低下の抑制が実証された特殊な物質なといえます。

隠れ疲労に強い味方があり頼もしい限りですが、まずは休息し、睡眠の質や時間、自律神経の安定化などに取り組むことが大切です。

また食事の点からはタンパク質や抗酸化物質の摂取が大事ですし、

当院の琉球温熱でリラックスしながら点滴をすることも可能です。

 

最後に働き方改革は制度と健康が直結する問題なので、是非とも皆が無理をしないで働ける環境が作れるようにしてもらいたいと思います。

photo: Markovit

からだが喜ぶ温熱とビタミンC

当院は琉球温熱を取り入れて8年になります。

もともと琉球温熱は沖縄のうるま市が発祥で、当時施設は十数か所でしたが、今では北海道から上海・北京にまで広がり全部で40か所になりました。

がんをはじめとする難病や婦人科系の病気や冷え性の改善で利用される方が多く、当院ではがんが6割でがん以外の冷え性、肩こり、慢性疲労などが4割です。

琉球温熱療法は熱が上下から出てくるドームベッドに横たわり、さらに施療士が熱を発するアイロンのような温灸器を体全体または調子の悪い局所に当て温めてゆきます。この当て方が施療士の腕の見せ所になります。

がん治療において温熱療法としてしばしば併用されるハイパーサーミアは主にがんのある部位の局所に43℃以上の高熱を与えてがんを死滅させる方法です。

一方、琉球温熱療法は深部体温を40℃前後に導くマイルド加温療法が基本となります。

マイルド加温研究の第一人者である伊藤要子先生はマイルド加温は末梢血流増加作用やHSP(ヒートショックプロテイン)活性化作用があると述べています。

がん以外の方には末梢への血行が良くなることで冷えや精神的ダメージの改善に役立ちます。

そしてがんの方には血流増加による抗がん剤の取り込み増加やHSP活性化による免疫細胞(NK細胞、キラーT細胞)の活性化と樹状細胞のがん抗原提示の増強により抗がん作用が発揮されると報告しています。

がんの標準治療との併用において温熱治療は放射線治療の後、化学療法の前が良いようで、今まで当院でもこのように指導をして問題はありませんでした。

当院では高濃度ビタミンC点滴療法と琉球温熱療法の併用を唯一行っています。

高濃度ビタミンC 点滴は抗酸化作用や抗がん作用があるとされ25g以下を美容や健康維持に50g以上をがんの方に用いてきました。

琉球温熱後に点滴を併用すると多くのがん患者さんにおいては副作用もなくQOL(生活の質)の上昇が見られた印象です。

ただ、長時間を要するため患者さんの負担が多くなり継続が難しくなった場合もありました。

このため5月より琉球温熱ベッド上で琉球温熱療法をしつつ高濃度ビタミンC 点滴をおこなう予定です。

気持ち良く寝ている間に治療が済むので、多くの方に体験していただきたいと思います。

photo: 新緑と青空 ぽん太

パラリンピックから脊髄損傷について考えてみました

羽生選手やカーリング女子への興奮冷めやらぬうちにパラリンピックが始まりました。

10日にはアルペンスキー滑降座位で村岡さんと森井さんが早速銀メダルを取り、14日には村岡さんが金、さらに16日には成田さんが金をとり日本人としてとてもうれしい気持ちになります。また左足が義足で夏季パラリンピック走り幅跳びの銀メダリストの山本選手が今回スノーボードで挑戦することなど話題に事欠かない楽しい祭典となっています。

パラリンピックは1948年にロンドン郊外の病院において第二次世界大戦で脊髄を損傷した兵士のリハビリの一環として行われたアーチェリーの競技会が始まりとされ、1952年に国際大会になったようです。今では様々なハンディキャップを抱えた方々の競技会となりました。

私は大学病院時代に脊髄損傷の研究に少し関わっていたことがあり、今回は脊髄損傷について書いてみました。

パラリンピックという名はパラとオリンピックを合わせた造語で、パラとはパラプレジア=両下肢麻痺のことです。医学的に一側肢麻痺をモノプレジア、四肢麻痺をテトラプレジアといいます。

脊髄損傷には受傷して間もない急性期、受傷後4週間以内の亜急性期、それ以降の慢性期があります。亜急性期までは治る見込みがありますが、慢性期になると麻痺は重篤化しやすく、改善が見込めない場合がほとんどです。

パラリンピックに出場しているパラプレジアの選手は麻痺が確立した慢性期の中で戦っています。

また、損傷の程度により、機能がわずかでも残っている不全麻痺と全く機能が失われた完全麻痺があります。損傷部位は頚髄が約7割と最も多く、完全麻痺に至った方は3~4割ほどいます。

完全麻痺で慢性期に陥った場合、現時点で改善の見込みはゼロです。

しかし、この状態を何とかしたいと悩んでいる患者さんは多く、そのため研究者は慢性期完全麻痺の治療を目標としています。

脊髄損傷は長い間治らないとされ研究は停滞していた感があります。分子生物学の発展とともに研究が盛り上がってきたのがここ20年程です。現時点でこの分野は日本の研究が世界の中でも進んでおり、特に慶応大の岡野先生と中村先生がiPSの山中先生と組んでリーダーとなっています。

私が昔、研究のきっかけとなったのは岡野先生の神経栄養因子に関する論文で、神経が回復するかもしれない可能性が心に響いたことを今でも覚えています。

脊髄損傷の研究は損傷部への細胞移植が主流で、岡野先生は20年近く前ラットの胎児由来の神経幹細胞をラットの脊髄損傷部への移植を皮切りにヒト胎児由来の幹細胞移植まで進めました。ところが、倫理的問題で実験がストップ。

2006年困っていたところに山中先生がiPS細胞を開発して一緒に研究することで、倫理的問題をクリアーし実験が再開しました。

まずはマウスのiPS細胞を神経幹細胞にしてからマウスの脊髄損傷部に移植、続いてヒトのiPS細胞を同様にマウスに移植したところ、動かなかった手足が動くようになり、実験は成功しました。顕微鏡で見てみると移植したiPS細胞由来の神経幹細胞は神経細胞やオリゴデンドロサイト(軸索の周囲を覆う髄鞘形成に関与)に成長し、神経伝達に重要な髄鞘を作るまでになっており、これらが機能回復に至った要因と考えられています。

このようにヒトに用いるまではマウスなどの小動物からサルそしてヒトへ実験を進めていくわけですが、ヒトへの応用に関してはiPSの腫瘍化の問題や細胞の生きの良さをキープできるかなどのハードルは非常に高く、まだまだ時間はかかりそうです。

中村先生は綿密な臨床的治療戦略を練っており、これから10年の間に3つのステージを踏んでいく予定です。まず①亜急性期の完全脊髄損傷の患者に対する臨床研究、続いて②慢性期の不全脊髄損傷に対して、最後に③慢性期の完全脊髄損傷に対してと述べています。

脊髄損傷の治療で大事なことは受傷後早期の急性期における治療であるといわれています。

以前は損傷による炎症を防ぐという意味でステロイドを大量に使っていましたが、今はそれに代わってG-CSFという神経栄養因子やHGF(肝細胞増殖因子)の投与が行われるようになってきました。HGFは炎症を抑え、神経や血管の再生を促す効果があるため筋委縮性側索硬化症(ALS)の患者さんにも使われ始めています。

急性期にHGFにより完全脊損になりそうな患者さんを不全損傷に抑えることで、早期のリハビリにより機能回復が望めるようになります。

亜急性期から慢性期に至り回復が不十分な場合には今後iPS細胞移植したのちリハビリ訓練にて回復を促すことになるようです。

慶応大では京都大学の研究所CiRAから提供してもらったiPS細胞から分化誘導した神経幹細胞のストックを持ち、いつでも脊損の患者さんに提供できる体制を整えようとしています。

リハビリではHALというサイバーダイン社のロボットスーツにより慢性期の不全損傷の患者さんで歩行機能の改善やMRIで脳内の連絡網の再構築が確認されたりして、今後脊髄損傷全体の治療において大いなる助けになることが予想できます。

iPS細胞ができたことでこの分野においても一段と進歩がみられ、山中先生の功績はとてつもなく大きいものだとあらためて思いました。

それと同時にiPSを持ってしてもすぐには治療に取り掛かれない慢性期の完全脊髄損傷がとても難解なものと再度認識しました。

しかし、急性期から亜急性期へと問題解決が進み、私が研究していたころあと100年は無理だろうなと思っていたゴールがもっと手前に近づいて来たことは事実です。

将来的には今回パラリンピックに出ていた選手が、歩けるようになり2018年は車いすだったなあと振り返る日が来るかもしれません。

平昌での祭典はもうすぐ幕を閉じますが、これからもパラリンピックには注目していきたいと思います。

photo: 毎日新聞

マインドフルネス

平昌オリンピックがはじまり、極寒の中、熱い戦いが連日繰り広げられています。

この日のために鍛錬してきた力を思う存分発揮できることを願うばかりです。

しかし、中には「こんなはずじゃないのに」と自らが思っているような演技ができずに終わってしまう選手も何人かいるでしょう。なぜか本番に弱い。そのなぜかの大部分は心、メンタルに関係していると考えられます。

最近ではスポーツ選手がメンタルトレーナーをつけて、練習だけでなく生活にまでアドバイスを取り入れて、その結果良い成績を残す選手も増えてきているようです。

普段生活している私たちも同様に仕事や人間関係などで悩むことがあります。

このようなときに一緒に考えてくれるメンタルトレーナーのような人が身近にいればどれだけありがたいかと思います。しかし、皆がメンタルトレーナーにお世話になれないので何らかの方法が求められます。

現代に生きる私たちは多少のストレスを抱えて生きています。その対処法としてマインドフルネスが2010年ころから日本でも注目され始めました。

世界では有名な起業家や経営者、スポーツ選手の間ですでに広がっていました。

マインドフルネスは呼吸に注意を向ける瞑想法の一種で、宗教性はないとされています。

2013年の1万2千人を対象としたメタ解析においてマインドフルネスは心理的な問題、特に不安、うつ、ストレスの減少に効果があることが示されました。(Clinical Psychology Review,33-6,Aug 2013,763-771)

マインドフルネスの第一人者で精神科医の久賀谷先生によるとマインドフルネスとは「明確な方法で何かに注意を向けること」であるという。

何かに興味を持ち、良い悪いといったジャッジをせずに注意を向け、さまざまなことに気づき、過去でも未来でもなく現在を認識することが大切であると述べています。

つまり、今ここにいる私を考えることで、過去の嫌な事や未来の不安によるストレスの蓄積を予防できるようになります。

また、久賀谷先生は世の中には人種や宗教、性別などへのジャッジで溢れており、ジャッジしたりされたりすることで、敵味方という区別や感情的な好き嫌いが生まれ、そこにストレスが発生する原因があると述べています。

脳の中では何が起こっているのか?

久賀谷先生によると脳の中には雑念を生み出し沢山エネルギーを消費するDMN回路(デフォルトモードネットワーク)というものがあり、これは内側前頭前野、後帯状皮質、楔前部、下頭頂小葉など複数の脳部位から構成されています。

このDMN回路が過剰に働くと脳が疲労しストレスが発生するといわれ、よってこのDMN回路の鎮静化がストレスを抑えるkeyになります。

世界で様々な実験が進み、マサチューセッツ大学のブルワー先生はマインドフルネスによりDMNの一部(内側前頭前野、後帯状皮質)の活動が低下することを見出しました。

また大脳皮質が厚くなったという報告の他に脳の萎縮抑制や海馬の密度増加などマインドフルネスによる脳の構造変化も報告されるようになりました。

マインドフルネスの代表的な実践方法にはマインドフルネス呼吸法があります。一言でいうと、「いまここにいる」を意識させる呼吸法です。

1. 基本姿勢をとる 椅子に座りおなかはゆったり、手は太ももの上、目は閉じる。

2. 身体の感覚に意識を向ける 接触の感覚(足の裏と床、おしりと椅子、手と太も  もなど) 身体が地球に引っ張られる重力の感覚

3. 呼吸に注意を向ける 呼吸に関わる感覚を意識する(鼻を通る空気や呼吸の深さなど) 深呼吸や呼吸コントロールをせず、鼻で自然な呼吸をする。

4. 雑念が浮かんだ事実に気づき、注意を呼吸に戻す。このとき雑念は生じて当然なので、自分を責めない。

この呼吸法はできるだけ同じ時間帯、同じ場所で1日5分でも10分でも良いので毎日続けることが大切といわれています。

マインドフルネスは気づくことから始まるので、いま見えているものを口に出して言ってみることを数秒でも良いから行い、現在に在ることを感じるのがポイントと久賀谷先生はすすめています。

すべてがマインドフルネスで解決するわけではないと思いますが、とても簡単なので、取り入れてみてはいかがでしょうか?

疲れない脳になればもっと楽に生きられるかもしれません。

 

平昌にいる選手には心を落ち着かせて実力を発揮できるよう祈っています。

photo: HOSPICE of the VALLEY