がんになったら食事はどうする?

がんになったら何を食べたらよいか
がん予防のための食事は、体に良いとされているものを適度に摂っていけば、大きな間違えはないと思いますが、いざがんになったらどうすべきか、皆さんとても迷うところです。玄米を食べるべきか、肉は食べるべきか否か、水は何が良いのかなど実際に混乱が生じています。

病院ではがんを取り、縮小させることに力が集中しますので、食事指導や栄養指導はどうしても後回しになるか、必要ないものとして扱われがちです。
こういった場合に、親戚や知り合いの方などが、食事、栄養に関してアドバイスをして、さまざまな方法を紹介し、患者さんを導きます。
患者さんは言われたとおりにまず実践し、できそうであれば続けるケースがほとんどで、自ら調べ上げて実践するケースはごく少数で、よほど元気がない限りできません。

代表的にはマクロビオティックや欧米のゲルソン療法があり、その他に医師が考え出した方法がいくつかあって、この中から患者さんは自分に合うやり方を選択しています。
マクロビオティックは玄米菜食が中心で、一方ゲルソン療法は ガンの原因となる食品を排除し、 自然な食べ物から栄養素をバランスよく摂ることによって 人間が本来持っている身体の機能を高めて病気を排除しようとするものです。
特徴としては徹底的にナトリウムを排除した無塩食と、油脂の制限、カリウムの取り込みを目的とした野菜ジュースの大量摂取、そして肝臓の修復と除痛を目的としたコーヒー浣腸があります。かなり徹底しているので続けることが大変そうです。

がんになった人の食事療法については、2003年にアメリカ対がん協会が指標となる判定を公表しています。いくつかの食事療法について、それを行うことで利益が得られるかどうかを、「再発防止」「生存期間の延長」「QOLの向上」という観点から判定したところ、飽和脂肪酸を減らした低脂肪食や野菜、果物の摂取は積極的に取り入れて体重を維持し、運動を増やすことが大切であることがわかりました。 残念ながらマクロビオティックやゲルソン療法に関しては特に述べられていません。

また2007年11月にイギリスにある世界がん研究基金が食物・栄養・運動とがん予防との関係について約7000件の研究論文の中からエビデンスレベルの高い論文を分析して報告書を提出しました。それには、がんと診断され、すでに治療を終えた人たちも、健康な人のがん予防として推奨されていることにならうと述べられています。つまり現時点ではがんになった人の食事療法はこれだというものはなく、がん予防に大切とされることを踏襲するのが近道のようです。

しかし、当院にいらっしゃる患者さんの中には、肉などの動物性たんぱく質が、がんの栄養になって成長させてしまい、免疫を落とすことにつながるからという理由で、徹底的に排除して低栄養状態になっている方も見られます。低栄養状態はがん患者によく見られる症状であり、生存率や生活の質の低下を伴います。低栄養状態の診断には、体重減少が最も有効な臨床的指標ですが、この体重減少は、特に筋肉量の減少を伴い、一般的に「サルコペニア(筋肉減少症)」と呼ばれています。
がんは分裂し大きくなるためのエネルギーを血液中のブドウ糖から得ており、その消費量は正常細胞の6倍といわれています。血糖値を維持するために糖原性アミノ酸を原料とし肝臓でブドウ糖をつくる糖新生という働きが活発に行われます。するとこの糖原性アミノ酸は筋肉から供給されるので、筋肉はますます痩せて、サルコペニアになります。

サルコペニアにならないためには、筋肉の元となる肉や卵などの動物性たんぱく質を多く取り筋肉をがんに負けずに作ることが必要ですが、これらががんの栄養になるとの噂から摂らないでいるとサルコペニアがますます進んでしまいます。

そして、新宿溝口クリニックの溝口先生によると、がんが栄養として欲するたんぱく質は血液中のアルブミンと赤血球のヘモグロビンなので、食事からのたんぱく質は関係なく、積極的に肉、卵を摂るべきであると述べています。私も同じ考えで、がんになってしまったら、貧血を改善してがんと闘う体力、免疫力を付ける上でも動物性たんぱく質は必要であると思います。もちろん糖質は制限しなければなりません。

当院には化学療法や放射線療法を続けながら、琉球温熱と高濃度ビタミンC点滴を併用される患者さんもいらっしゃいます。皆さん、たんぱく質を積極的に摂って、がんと闘っています。
今後、標準治療をはじめとする治療法がますます進化してゆく中で、体力がないために新しい治療法に挑戦できないといった残念な結果にならないように食事を考えることが大切ではないでしょうか。

がんと食事

がんと食事の問題はとても複雑です。

がんの患者さまはそれぞれ自分に合った食事療法や栄養療法を既に取り入れて当院へ相談にいらっしゃいます。本を読んだり、セミナーに参加されたりして、多くの方法の中から少なくとも2つ,3つを選択し実践しています。
共通して多いのが玄米食とリンゴとニンジンのミックスジュースです。私自身も食事に白米との混合ですが玄米をとり入れて、野菜、リンゴを摂るようにしています。しかし、その方法ががん患者さんにとって本当にいいものであるかは何とも言えません。
というのも、がん患者さんを採血し栄養解析を行うと必ず栄養不足になっているからです。つまり、がんを予防するための食事とがんになってからの食事を変えてゆく必要があると思います。

まずはがんを予防するための食事について考えてみます。
がんは遺伝子の病気であり、その遺伝子を傷つける主な原因には、日常生活に深く関係するたばこや食生活があります。しかし正常の細胞ががん細胞になり、人を苦しめるような状況になるには、いくつかの段階を経て、20~30年という長い時間がかかります。その意味でがんは生活習慣病であるという考え方もできます。

世界のがん研究では食物とがんに関して、牛・豚・羊などの赤肉とハム・ソーセージなどの加工肉の摂取は大腸がんに対して「確実なリスク」と述べています。
本邦の国立がん研究センターで行われた「赤肉・加工肉摂取量と大腸がん罹患リスクについて」という約8万人の方を対象とした研究(Asia Pac J Clin Nutr. 2011年20巻603‐612)では、赤肉、加工肉の肉類全体の摂取量が多いグループ(約100g/日以上の群)で男性の結腸がんリスクが高くなり、赤肉の摂取量が多いグループ(約80g/日以上)で女性の結腸がんのリスクが高くなりました。また飲酒、肥満は大腸がんリスクを増大させ、運動はリスクを低下させることがわかりました。そして大腸がんの予防には赤肉の摂取を週に500g未満とした方が良く、生活習慣がとても大切であるといえます。

そこで多くの方が、がんにならないためにとり入れている食事療法が玄米や穀物食中心のマクロビオティックです。マクロビティックとは、ギリシア語のMacro(大きい、長い)Bio(生命)Tiqe(術、学)の3つを組み合わせた言葉で、直訳すると(長く生きるための方法)です。

マクロビオティックの食事とは、未精白の穀物・玄米や全粒粉の小麦製品を主食に、旬の野菜をみそやしょうゆといった発酵調味料で調理し、肉・ 魚・ 乳製品・砂糖は控えることが基本です。
動物性脂肪をとらないので、腸の働きがよくなり便秘も解消され、体に負担をかけることなく、栄養を摂るという考え方で、がんのリスクを減らすにはいい方法かもしれません。
しかし、炭水化物が多く、たんぱく質の摂取が少ない印象があります。

私自身は野菜類を徹底して多めに摂り、玄米と白米を3対7にブレンドし、量的に炭水化物を制限する一方、肉、魚などのたんぱく質、乳製品はそれほど制限しておりません。
最近ではコレステロールが低いとがんになりやすいという話や、がん予防に有効なビタミンDの構成成分がコレステロールだったり、体温を上げるための筋肉を作るにはたんぱく質が必要であったりするので、極端に制限をせず、ある程度積極的に摂ってゆく方が健康維持、がん予防にとってよい方法であると思います。

日本山人参がカザフスタンへ

カザフスタンという国をご存じでしょうか。北はロシア、東は中国、南はキルギス、西はカスピ海に囲まれた中央アジアの国です。石油やウランの資源輸出を背景に高成長しており、2011年のGDPの伸び率がなんと7.5%です。この地にイオングループのコンビニ、ミニストップが地元企業と合弁会社をつくり年内に進出し、多店舗展開してゆくようです。

当院では温熱療法の前に日本山人参茶を召し上がっていただいていますが、この日本山人参を生産から販売まで手掛ける会社の斉田さん(代表)が2年ほど前からカザフスタンに行き、山人参の普及活動を行っています。現地の人のお口に合っていることと、糖尿病にいいことから人気が出て来て、最近はカザフ民族医科大学で実際に日本山人参が人にどの程度の効能があるのかを調べる治験が行われました。
その論文を斎田さんからいただき、読んだところ、驚きの結果が出ていました。それは高血圧合併2型糖尿病患者に日本山人参と糖尿病治療薬を併用すると患者の6割の血糖値が正常化するとともに、血管障害のリスクが30~40%低下するというものです。そしてその結果によりカザフスタンの診療所と保養所で山人参の使用が許可されました。これから現地でますます多くの人が日本山人参に触れて健康になり、大きな話題になるでしょう。

そもそも日本山人参とはセリ科の植物で、漢方であれば当帰(トウキ)、柴胡(サイコ)の仲間で、ウコギ科の朝鮮人参とは異なります。朝鮮人参の効能は人参サポニンが鍵を握っているのに対し、日本山人参はクマリン化合物が主に働いています。
クマリンは植物に広く含まれており、抗酸化物質のポリフェノール類として抗菌作用、エストロゲン様ホルモン作用があり、薬ではワーファリンが抗凝固薬として利用されています。

日本山人参の特徴として血流が良くなることが明らかですが、これは交感神経の興奮を和らげる働きと血小板凝集抑制作用によるものがあります。不眠、うつ、冷え症は交感神経優位の状態が続くことが要因なので、山人参の力が期待でき、当院で扱う第一の理由となっています。また、「人は血管とともに老いる」という言葉があるように、動脈硬化の進展を抑えることがとても大切で、山人参は病気だけでなくアンチエイジングにも役に立ちます。そしてなによりも当院で取り扱っているものが他国でも認められた良い製品であることに嬉しさを感じます。

今年より琉球温熱施療後に朝鮮人参のサプリメントをお勧めしていますが、施療前の日本山人参との相性も良く、温熱効果を長続きさせることができます。
日本と朝鮮の優秀な生薬が琉球温熱をさらに引き立たせ、さまざまな病態改善に働くことを今後も示してゆきたいと思います。

冷え性と漢方

なんとなくだるい、頭が痛く、めまいがして、おなかの調子も悪いなど不定愁訴といわれている症状の陰に体の冷えが隠れている場合があります。

このような症状を病院で相談し、甲状腺をはじめ内臓の検査をして大した異常が認められない時、病気とは見なされず、とりあえずの薬と“様子を見ましょう”という言葉を御土産に病院をあとにされている方々が多いように思います。

 

そういった場合の次の手段として漢方が役に立ちます。

 

漢方からみた冷えを症状から考えてみますと大きく3つに分けられます。

手足が主に冷える四肢末端型、体全体が冷える全身型、上半身が暑いが下半身が冷える上熱下寒型があります。

原因として四肢末端型は血液の流れが滞り(瘀血:おけつ)体の隅々まで血が巡らないことで、全身型は体で熱産生ができないこと、上熱下寒型(冷えのぼせ)は気が上半身に昇って下半身に巡らないためと考えられています。

 

また、漢方独特の概念である気、血、水から冷えをとらえることも大切です。

気とは生体のエネルギーの総称、血は血液とその働き、水はリンパ液や汗、尿など血液以外の体内の水分を表します。

これら気、血、水がおのおの過不足なく存在して調和し、滞りなく循環していることを健康な状態とされていますが、この3つのバランスが崩れるとさまざまな病気につながります。

気そのものが不足した状態を「気虚」、気の流れが滞った状態を「気滞」、気の流れが逆流した状態を「気逆」といいます。また、血が不足した状態は「血虚」、血が滞った状態を「瘀血」、水が滞った状態を「水毒」といいます。

 

手足が主に冷える四肢末端型は「血虚」や「瘀血」の状態で補血剤(四物湯)や駆瘀血剤(桂枝茯苓丸)がいい適応です。

また、新陳代謝の低下している全身型は「気虚」、「腎虚(腎に気が足りなくなっている)」の状態で補気剤(人参湯、補中益気湯)や補腎剤(八味地黄丸)が適応です。

上熱下寒型は「気逆」や「気滞」の状態で気を巡らせる加味逍遥散や香蘇散を用います。

3つに分けた冷えのタイプとは別に体に水分が溜まり「水毒」から冷えが生じるものがあり、利水剤(五苓散、当帰芍薬散)を用います。

 

漢方薬の処方において、冷えに伴う疲労、精神症状、消化器症状などの周辺症状がある場合は、冷えの治療より周辺症状を改善する漢方治療を優先する方がかえって冷えを治しやすいこともあります。また、当院のように温熱治療に漢方を組み合わせることで早く冷えを改善させることもできます。

そして、規則正しい食生活となるべく温かいものを食し、なるべく旬のものを丸ごと食べる食の選択で養生することが基本となります。

この基本を大切にし、漢方をうまく取り入れて冷え性から解放されましょう。

漢方の不思議


冷えを感じるこの季節 漢方の力を借りて少しでも温かくなりたいものです。

人それぞれ冷え方に違いがあり、あまりに冷えすぎて入院にいたる方もいます。

 

訪問診療で伺っているある患者さんは毎年冬場になると、体温が34~35度前半まで落ち込みます。

そのお宅は古い一軒家で、すきま風が時折入ってきて、下に冷気が溜まるので、診療のたびに足元から冷えてとても寒く感じます。しかし、ご本人はあまり寒さを感じてないようで平然としています。そのうちに体温が下がり、全身にむくみが現れ、心不全状態となり昨年は入院となりました。

今年はそうならないように、家の温度や湿度の管理や栄養状態を良くすることを徹底しましたが、やはり1月に入ると体温が少しずつ下がりはじめてきました。34度台に落ち込み、また去年と同じ状態になるのかと心配しつつ、何かいい方法はないかと考えました。

そしてこの患者さんの病態を西洋医学的な病気の概念から切り離して、東洋医学的に“冷え性”と位置付け、漢方を取り入れました。

漢方の診察には、患者さんの外見や形をみる望診、舌の色や裏の静脈をみる舌診、おなかの圧痛や抵抗をみる腹診があります。

この患者さんの望診は骨格が細く、筋肉がやせて、皮膚は乾燥しており、虚弱であるととらえます。舌診は白苔が舌中央部に広がり舌下静脈の怒張は強くなく、邪の勢いがやや強いととらえます。腹診はみぞおち部が硬く、心下痞鞭ありととらえて、総合的には心窩部を中心に内臓まで冷えて、熱産生ができない虚症と判断。

そして、温める効果のある乾姜、附子などの熱薬が適応で、乾姜、人参、甘草が多く含まれる人参湯を処方しました。

そして数日で、驚くことに体温は36度台までアップし、1ヶ月経ても36度台をキープして体の状態は良好です。

通常の薬では、このように改善させることは難しいですが、適切な漢方を用いることである程度容易に解決できます。

病気の原因とメカニズムを考えて薬を出すことは大切なことです。しかし、症状に対して漢方を取り入れる考えを持っておいた方が、患者さんのためになります。

これからも漢方をもうひとつの武器として、さらに利用してゆきたいと思います。