冷え性と漢方

なんとなくだるい、頭が痛く、めまいがして、おなかの調子も悪いなど不定愁訴といわれている症状の陰に体の冷えが隠れている場合があります。

このような症状を病院で相談し、甲状腺をはじめ内臓の検査をして大した異常が認められない時、病気とは見なされず、とりあえずの薬と“様子を見ましょう”という言葉を御土産に病院をあとにされている方々が多いように思います。

 

そういった場合の次の手段として漢方が役に立ちます。

 

漢方からみた冷えを症状から考えてみますと大きく3つに分けられます。

手足が主に冷える四肢末端型、体全体が冷える全身型、上半身が暑いが下半身が冷える上熱下寒型があります。

原因として四肢末端型は血液の流れが滞り(瘀血:おけつ)体の隅々まで血が巡らないことで、全身型は体で熱産生ができないこと、上熱下寒型(冷えのぼせ)は気が上半身に昇って下半身に巡らないためと考えられています。

 

また、漢方独特の概念である気、血、水から冷えをとらえることも大切です。

気とは生体のエネルギーの総称、血は血液とその働き、水はリンパ液や汗、尿など血液以外の体内の水分を表します。

これら気、血、水がおのおの過不足なく存在して調和し、滞りなく循環していることを健康な状態とされていますが、この3つのバランスが崩れるとさまざまな病気につながります。

気そのものが不足した状態を「気虚」、気の流れが滞った状態を「気滞」、気の流れが逆流した状態を「気逆」といいます。また、血が不足した状態は「血虚」、血が滞った状態を「瘀血」、水が滞った状態を「水毒」といいます。

 

手足が主に冷える四肢末端型は「血虚」や「瘀血」の状態で補血剤(四物湯)や駆瘀血剤(桂枝茯苓丸)がいい適応です。

また、新陳代謝の低下している全身型は「気虚」、「腎虚(腎に気が足りなくなっている)」の状態で補気剤(人参湯、補中益気湯)や補腎剤(八味地黄丸)が適応です。

上熱下寒型は「気逆」や「気滞」の状態で気を巡らせる加味逍遥散や香蘇散を用います。

3つに分けた冷えのタイプとは別に体に水分が溜まり「水毒」から冷えが生じるものがあり、利水剤(五苓散、当帰芍薬散)を用います。

 

漢方薬の処方において、冷えに伴う疲労、精神症状、消化器症状などの周辺症状がある場合は、冷えの治療より周辺症状を改善する漢方治療を優先する方がかえって冷えを治しやすいこともあります。また、当院のように温熱治療に漢方を組み合わせることで早く冷えを改善させることもできます。

そして、規則正しい食生活となるべく温かいものを食し、なるべく旬のものを丸ごと食べる食の選択で養生することが基本となります。

この基本を大切にし、漢方をうまく取り入れて冷え性から解放されましょう。

漢方の不思議


冷えを感じるこの季節 漢方の力を借りて少しでも温かくなりたいものです。

人それぞれ冷え方に違いがあり、あまりに冷えすぎて入院にいたる方もいます。

 

訪問診療で伺っているある患者さんは毎年冬場になると、体温が34~35度前半まで落ち込みます。

そのお宅は古い一軒家で、すきま風が時折入ってきて、下に冷気が溜まるので、診療のたびに足元から冷えてとても寒く感じます。しかし、ご本人はあまり寒さを感じてないようで平然としています。そのうちに体温が下がり、全身にむくみが現れ、心不全状態となり昨年は入院となりました。

今年はそうならないように、家の温度や湿度の管理や栄養状態を良くすることを徹底しましたが、やはり1月に入ると体温が少しずつ下がりはじめてきました。34度台に落ち込み、また去年と同じ状態になるのかと心配しつつ、何かいい方法はないかと考えました。

そしてこの患者さんの病態を西洋医学的な病気の概念から切り離して、東洋医学的に“冷え性”と位置付け、漢方を取り入れました。

漢方の診察には、患者さんの外見や形をみる望診、舌の色や裏の静脈をみる舌診、おなかの圧痛や抵抗をみる腹診があります。

この患者さんの望診は骨格が細く、筋肉がやせて、皮膚は乾燥しており、虚弱であるととらえます。舌診は白苔が舌中央部に広がり舌下静脈の怒張は強くなく、邪の勢いがやや強いととらえます。腹診はみぞおち部が硬く、心下痞鞭ありととらえて、総合的には心窩部を中心に内臓まで冷えて、熱産生ができない虚症と判断。

そして、温める効果のある乾姜、附子などの熱薬が適応で、乾姜、人参、甘草が多く含まれる人参湯を処方しました。

そして数日で、驚くことに体温は36度台までアップし、1ヶ月経ても36度台をキープして体の状態は良好です。

通常の薬では、このように改善させることは難しいですが、適切な漢方を用いることである程度容易に解決できます。

病気の原因とメカニズムを考えて薬を出すことは大切なことです。しかし、症状に対して漢方を取り入れる考えを持っておいた方が、患者さんのためになります。

これからも漢方をもうひとつの武器として、さらに利用してゆきたいと思います。

しょうがと漢方

毎日厳しい寒さが続く中、私は最近お気に入りの温かい生姜チャイを毎朝飲んで凌いでいます。ほんのり甘く少しピリっとくる生姜の風味はチャイとうまく融和して体を温めてくれます。

一般的な薬では体を温めることはできませんが、ちょっとした食品が体を温められるのは当たり前のようですが結構な効果だと思います。たいした副作用もありません。

しょうがは現在とても流行りですが、漢方において本来手を加えていないものを生姜(しょうきょう)といい、乾燥させた物を乾姜(かんきょう)と呼びます。ただ、現在の日本漢方において生姜(しょうきょう)は生薬としては根を乾燥させたものを使います。かぜの初期症状の治療に使われ、体を温める効果があります。発汗を促し、血液の循環もよくなるので、胃腸の機能低下防止などに使われることもあります。また、鎮咳作用、去痰作用があるので、かぜ薬の成分として用いられています。

表面の皮を取り去り、蒸して乾燥させたものは乾姜(かんきょう)と呼ばれ、興奮作用・強壮作用・健胃作用があるとされています。漢方の処方では「生姜」を入れる処方と「乾姜」を入れる処方があります。一つの考え方として「生姜」は浅いところを温め、「乾姜」は深いところを温めるといわれています。そのため、かぜの初期はかぜがまだ体の浅いところにとどまっていると考え、生姜の入った葛根湯を用います。虚弱で手足が冷えている人の胃腸症状に用いる人参湯がありますが、これはからだの深いところの内臓が冷えている状態と考え、乾姜を使います。

しょうがには辛み成分であるショウガオール、ジンゲロールなどが含まれており、これらが血行を促進して体を温める働きがあるほか、新陳代謝を活発にし、発汗作用を高める働きをします。香り成分のシネオールは、疲労回復、食欲増進、健胃、解毒、消炎作用があります。また、この辛みと香り成分には抗酸化作用があり、老化を防ぎ、がんの発生・進行を防ぐ効果もあるといわれています。

とても体に良いしょうがは沢山の種類の漢方に用いられており、ありがたいかぎりです。しかし、顆粒状のエキス剤を作る過程でショウガオールなど揮発性のあるものは失われることがあります。そこでエキス剤を服用する際は小指大にすりおろしたしょうがを混ぜることで効果をさらに引き出せるのでおすすめです。

この季節しょうがを利用し元気な体にしましょう。

2012年 インフルエンザ動向

2012年 あけましておめでとうございます。

昨年は今まで体験したことのない衝撃に、生きる意味に関して深く考えさせられました。そして人と人との繋がりが生きる上でとても大切なものだと再認識するとともに、今年は病気になりにくい体作りの方法を通して、少しでも地域や社会に役立てるよう努力したいと思います。

 

最近は厳しい寒さと乾燥の継続で体調を崩される方が多い一方、私が診療している範囲においてインフルエンザの流行がほとんどないように感じます。実際、厚労省のインフルエンザ流行レベルマップでも昨年、一昨年の同じ時期より明らかに、警報や注意報の出ている都道府県が少ない状況です。

( 国立感染症研究所 感染症情報センター:https://hasseidoko.mhlw.go.jp/Hasseidoko/Levelmap/flu/index.html
 
 
 2012、11、10年 第2週の比較
 

昨年の大地震、台風などの自然災害による様々な影響からより多くのインフルエンザが発生すると思いましたが違うようです。

予防が良くできているのかワクチンがいいのか免疫力がアップしているのか原因はわかりません。ただワクチンに関しては接種される方々が前年度より少なく在庫も余ってきているようです。このまま流行らずに今シーズンは終わってほしいと願いたいところです。しかし、定点医療機関(5,000施設)からの報告で2012年第1週の定点当たり報告数は3.76(患者報告数18,341)となり1を超えてきたので流行が始まったと判断されます。よって今後1月下旬から2月にかけてピークが予想されるので十分予防に気をつけるか、再度駆け込みでワクチンを接種するか考えどころです。

予防としては、野菜とタンパク質を中心とした食事をとり、体を冷やさないようにすることが基本ですが、食事が不規則になる場合はビタミンCを毎日1000mgは取っておいた方がよいでしょう。ビタミンCには抗ウイルス作用があり、特にビタミンC点滴をされている方は風邪やインフルエンザにほとんどかかりません。仮にかかったとしても40gほどの点滴で症状がなくなってゆきます。

一方、漢方的には発汗療法といって、体の表面を温める作用のあるもの(麻黄、桂枝など)を用いて体温を上げて発汗を促し、ウイルスの増殖を抑えて病気を治す方法があります。

麻黄は発汗作用があり、これに血行を良くして体表を温める作用のある桂枝を配合した麻黄湯がおすすめです。しかし、体力がなく麻黄が飲めない人、老人、心不全、低血圧症の人は参蘇飲、苓甘姜味辛夏仁湯などを用いたほうが良いです。

 

このさむい季節が早く過ぎることを願っています。

漢方 かぜ

冬至、クリスマスと寒さが厳しくなるこのころはインフルエンザやかぜの患者さんが増えてきます。しかし、今年はインフルエンザの流行が遅く、ワクチンも当初は足りないと言われていましたが先日薬の卸に問い合わせたところ、ワクチンが余ってきているようです。このまま流行らない事を願いたいです。

 

さて、かぜにはどうやって対処すべきでしょうか。ほとんどの人が薬を飲むと思いますが、医者が出す薬がいいのか、パブロンなどの市販薬がいいのか、または漢方薬がいいのか好みが分かれるところです。

一般外来や、訪問診療では定番のPLから痰にはムコダイン、激しい咳にはメジコン、フスコデなどを用い、高齢者で肺炎が心配な場合フロモックスなどの抗生物質を加えます。

だいたいこの処方で何とかなりますが、時々発熱を心配して解熱剤を希望される方がいます。このような場合、体がウイルスと闘っている時の熱なので無理に下げないで、適度にクーリングして様子を見ましょうとお話して解熱剤の処方がないことを納得してもらっています。

もともとウイルスは自身の免疫が退治するしかないので、ある程度体力があれば特に薬はいりません。ただうっとうしい症状を少しでも抑えるためには薬に頼ることもありかもしれません。

私自身、以前は市販薬に頼っていましたが、最近は漢方薬で対処しています。

漢方というと慢性期に使う薬と思われがちですが、もともとは急性期の治療を目的として作られたようです。今から約2000年前の中国でチフスなどの伝染病が流行り、多くの方が急性熱性疾患(傷寒)で命を落としていた頃に、“張仲景”という人は同じように自身の家族を失ったことから傷寒の研究をして、漢方のバイブルである「傷寒論」を誕生させました。現代のように薬のない時代は急性期を乗り切るために必死に知恵を絞ったのでしょう。ですから漢方の考え方は急性期の治療にも大いに役立つものと思います。

 

漢方「傷寒論」ではかぜを症状の進行により6つのステージ(六病位)に分けています。ひき始めを太陽病、少しこじらせた少陽病、全身倦怠感を伴う少陰病、ひどくこじらせた

陽明病、長引いて体力低下する太陰病、生命の危険を伴う厥陰病です。

また、高齢者やもともと冷え性の人は少陰から始まることもあるので、かぜのひき始めに症状を“陽症”か“陰症”かに分けて考えます。陽症は熱感、顔色紅潮、浮脈(浅く触れ)早い、濃縮尿で陰症は悪寒、顔色蒼白、沈脈(深く触れ)遅い、多尿があると大まかに分けられます。

かぜのひきはじめの陽症で最も多く使われるものは葛根湯で頭痛、肩こりを伴うときにも効果的です。私は葛根湯に擂った生姜を混ぜて飲みますが、汗が沢山出てスッキリします。鼻水や鼻閉があるときは小青竜湯を用いますが、アレルギー性鼻炎にもいいです。微熱、食欲低下が現れてきたら小柴胡湯や柴胡桂枝湯などの柴胡剤を使います。咳が強い場合は麦門冬湯を使うとよく効きます。陰症の場合はまず麻黄附子細辛湯を用いて、長引いた時には補中益気湯を使います。

かぜはこのような感じで対処でき、副作用も特に出ません。

ただ、肺炎を見逃さないようにして、もし起こりはじめたらすぐに抗生剤をもちいる準備をしていないといけません。

 

西洋薬に頼り切るのではなく、自分の治癒力を引き出すためにうまく漢方と付き合ってみることも大切だと思います。